個別記事の管理2017-05-13 (Sat)
Queen_Sheer_Heart_Attack.png ★★ 93リマスターUK盤

英国HRバンドの3rdアルバム

前作「Queen Ⅱ」で美しきロックという形を徹底的に提示した後のアルバムは、音作りにおける緻密さはそのままにわかりやすさが増したという感じだろうか?

自分もそうなんですが、きっと親しみやすさが増したはずです。だから、前作よりは好き。

遊園地での喧騒のようなSEに割って入ってくる摩訶不思議なリフをもって疾走曲①Brighton rockがスタート、フレディ・マーキュリー(Vo) の唄い出しもコミカルで音程を変えつつ歌い上げていく、幾重にも重ねたギター音に色んな表情を持たせ、ヴォーカルハーモニーも多声音楽を聴いてるかのようだ、ブライアン・メイ(G) のギターソロがアグレッシヴさを演出してQUEEN流HRソングのアンセムとなっている。②Killer queenは聴けばヒット狙いのポップソングなんだが、かなり複雑で高度な録音技術が駆使されているはずなのにもかかわらず、聴くものに難解さや近寄りがたさを感じさせることなく耳に馴染む朗らかなポップソングとして成立しているのが凄い。ロジャー・テイラー(Drs)がヴォーカルをとる③Tenement funsterから④Flick of the wrist⑤Lily of the valleyはメドレー。⑥Now I'm here は王道のHR。⑦In the lap of the godsはこりゃもう、ミュージカルの域ですな。⑧Stone cold crazyはメタラーが大好きなファストソング。小曲⑨Dear friendsはゴスペルだね。⑩Misfireジョン・ディーコン(B)作曲なんだけど、何て形容していいかわかりません、アルバムの雰囲気から逸脱するようで、おっさん的にはこういうのいらないんだよね。そんなこと言ったらフレディ作曲のコミカルソング⑪Bring back that Leroy Brownの方がいらないだろって言われるかもしれないが、おっさん的にはこっちの方が好き。幻想的な⑫She makes meでリードヴォーカルをとるのはブライアンだそうだが、てっきりフレディかと思いました。そして、⑬In the lap of the gods... revisitedで最後に幕を閉じる、最高です。

ごめんなさい、やっぱり見識が無さ過ぎてQUEENは語れません。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by K.A.E.
私もこのアルバム大好きですよ。世間では前作の方が圧倒的に人気が高いですけど、私はポンタさん同様バラエティに富んでるこっちの方が評価高いです。

やっぱ「KILLER QUEEN」の存在で一皮剥けた印象を受けましたね。HR好きにはこんなポップな曲認めん!って当時は拒否られたらしいですが、後のクイーンの雑食性を垣間見る事が出来るし、何よりそれを堂々とプレイしてバンドがモノにしてるじゃないですか!恐れ知らずもいいトコだし(笑)。

HRあり、ポップソングあり、最後に壮大なバラードで締める構成はホントに見事だと思います。次作では更に凄い事になりましたし、クイーンの凄さを実感出来るアルバムだと思います。

激しく同意 * by グラハムボネ太郎
ってわけじゃないんだけど。このアルバムも大好き! (クィーンIIの方が好き)
IIに比べて、バラエティに富んだ遊園地みたいなアルバム。さすがにクィーンという感じです。
問題なのは、この頃のクィーンのアルバム凄すぎて、BGMにはならず、アルバムを一身に聴く。しかも絶対に通して聴く。。。だから、時間が必要なこと(笑)
それにしても、K.A.E.さんもポンタさんも私も同時期にクィーンの記事って!