2017/05/27

OVERKILL 「Under the Influence」

220px-Undertheinfluence.jpg ★★ JP盤

米国産スラッシュバンドの3rdアルバム。

バンドが世界で認められることを示した会心作と言ってもいいだろう。
前作「Taking Over」よりも曲のパワーが増してグッとくる場面が多くなった。

今作からドラマーは、元IRON MAIDENポール・ディアノのバンドにいたこともあるデンマーク出身のシド・ファルク(Drs) となっている。

音質も各段に良くなった。
プロデューサーは前作と変わらないが、マイケル・ワグナーがミキシングに名を連ねている。そのことだけが音質を良くしたとは限らないんだろうが、特に目立つのはギタープレイの向上だ。
向上っていうより、輪郭がはっきりしたお陰で、サウンド全体の表情とアグレッシヴさが増し、音そのものに立体感が生まれ、ダイナミックな音像となったことが総じてアルバムのクオリティを上げることにつながっているんだと思います。

そして、それは2010年発表の「Ironbound」以降のOVERKILLの充実した作品群にそっくりな充実度なんだな。
ということは、この記事を書いている現在でも現役をひた走る彼らは、この頃の己の信念、スピリッツを未だに忘れてないということが未来の作品から垣間見られるのである。凄いことではないか!!

もし、2010年以降に彼らのファンになって、過去作を後追いしたいな、って思ってる人がいたら、イの一番にこのアルバムから入ってほしい。聴けば、その意味がわかると思います。

イントロからして気合充分のガッツで各楽器を叩きまくる①Shred、歌メロに入ると淡々とリズムが刻まれるんだが、ギターソロから表情が一変、凶暴極まりないカオスメタルだ。②Never say never⑧Head first は、ゴリゴリのベースプレイがメインのハードコアパンク風ですな、そうは言ってもギターだってソロでは変態ぶりを見せつけてくれるところがメタルだねぇ。③Hello from the gutterは疾走感がたまらないOVERKILLの代名詞的ソング。後半戦⑥Drunken wisdom以降の4曲はすべて6分強の比較的長い曲が占めている。⑦End of the lineで聴けるベースプレイは、スティーヴ・ハリス顔負けの唄うベースと言ってもいいだろう、曲構成もIRON MAIDENに似るところがあります。⑨Overkill Ⅲのドラマチックさはおしっこチビリもんでっせ。

祝!LOUD PARK 17参戦!!