個別記事の管理2017-06-24 (Sat)
220px-Mr_Big_-_Lean_Into_It.jpg ★★★ US盤

アメリカンHRバンドの2ndアルバム。

おっさん世代の青春の1ページですな。

究極のビッグインジャパン。なんで、日本でこんなに人気があるんだろ?
この記事を書いている時点でのBURRN!最新号において、巻頭カラー大特集で表紙を飾ったのは皆さんもご存じのはずだ。

こんなこと言ったら、怒られるかもしれないが、おっさんにとっては、すっかり過去のバンドだし、まったく興味がない。

日本で人気があるっていうのは、エリック・マーチン(Vo) の甘いソウルフルな見事な歌唱に、それを支えるバックコーラスとハーモニーとともに心に響くメロディなんでしょ?それでいて、凄腕の実績を持つメンバーたちのバンドアンサンブル。おっさんだって、当時は一発で心を奪われましたよ。
これらは、2017年の最新作9th「Defying Gravity」を聴くまでもなく、今作を聴けば十分すぎるくらいに伝わるでしょう。

それにしても、ポール・ギルバート(G) の隙のないギタープレイと、流しそうめんのようでいてコシのあるビリー・シーン(B) のベースプレイはいつ聴いても惚れ惚れするね。

ビッグインジャパンとは言いつつ、今作収録の⑪To be with youでは、アメリカのシングルチャートでNo.1に輝いてもいる。そんなことBABYMETALにだって出来ないわけでしょ?
だから、正直な話、アメリカ同様日本でも人気があるバンドという表現がふさわしいし、そうは言っても、最近は日本がバンドを支えているっていうことが言えるんだと思います。

だって、デビューから6th「Actual Size」まで一貫して大手レーベルAtlanticから作品を配給し続けてたわけでしょ。
7th「What If...」からはアメリカでのレーベルを失い、Frontiers Recordsから再出発するわけだけど、その傘下の小さなレーベルがアメリカでも配給しているはずで、実際、8th「... The Stories We Could Tell」はUS ビルボードTop200にランクインしているみたいですし。

そんな本国アメリカでの大物感の無さとは正反対に日本では7thがBURRN!の読者投票アルバム部門でのチャンピオンになっちゃうわけで、日本での支持基盤が強固なものだということがわかるでしょう。

さて、今作ですが、非の打ちどころのないアメリカンポップスといったところでしょうか。

おっさんとしては、未来のMR. BIGに興味を抱けないし、青春の1ページとはいえ音楽的嗜好もやや逸れるので、そういったバンドのカタログを持ち続ける必要性を感じないため、リストラすることを思案しているんですが、聴くたびにそれを思いとどませるマジックが彼らの作品にはあるんだよねぇ。

だもんで、今作の音楽評はプロの音楽ライターからパクらせていただきまぁ~す。

『疾走感→ワイルド→ポップ→哀愁→ファンキー→大らか→絶品バラード→豪快→ブルージー→グルーヴィーと来て⑪でほのぼの締める展開も、各楽曲も完全無欠。エリックの声に惚れ惚れ。』

おっさんが当時抱いた印象そのまんまの↑レビュー、お見事!!バンザーイ!

本国アメリカでの再浮上をお祈り申し上げます。がんばれ、MR. BIG!!

① Daddy, Brother, Lover, Little Boy (The Electric Drill Song)
② Alive and Kickin'
③ Green-Tinted Sixties Mind
④ CDFF-Lucky This Time
⑤ Voodoo Kiss
⑥ Never Say Never
⑦ Just Take My Heart
⑧ My Kinda Woman
⑨ A Little Too Loose
⑩ Road to Ruin
⑪ To Be with You
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by K.A.E.
このアルバムと1stはホントに良く聴きましたね。当時のTシャツ、2枚まだ持ってますよ(笑)。
当時の人気はハンパなく、渋公でのライブの時にダ●屋を使って¥12000で2階の一番後ろという感じでした(チケット代がまだ¥6000くらいだった時代に)。結果的に私の背の高さが照明の邪魔になるとの事で2階最前列まで移動出来たのはラッキーでした。

今のバンドには確かに興味失くしちゃいましたね。日本で売れ過ぎて印税関係で自分の曲をアルバムに入れる入れないで他のメンバー揉めたり、その後のメンバー間の確執も見苦しかったし、見てるこっちが惨めな気分になってしまうという。
復活した「WHAT IF」は良いアルバムでしたけど、その次作は作り込んでないのが露呈されちゃったし、何かホントにバンドとして機能してないんじゃないか?という感じで仕事の一環みたいな感じに捉えられるんですよ。

とはいえ、ちゃんとこのバンドにしか出来ないモノをハッキリ提示してくれるだけで文句はないんで、いつかこの2ndを超えるモノを出してほしいです。

* by フライヤーズポンタ
K.A.E.さんは、ご興味を失ったと仰いつつ、ちゃんとお聴きになってるんですね。

ポールとビリーにはもっとメタル度満載のテクニックひけらかしバンドみたいなのをやってほしい気もします。
まあ、お二人ともそれらしいバンドをやってはいますが、モットもっとって...。

* by K.A.E.
一応YOU TUBEなどで聴いてますよ。ただ、購入してないんで自分のブログでレビューしませんけどね。

確かに1stやこのアルバムの頃よりも、今はもっとハードロック然とした感じになっちゃいましたね。あの当時のテクニカルでスリリングなプレイが聴けないのはちょっと寂しい気がします。

* by 某音楽馬鹿
1~3作目までは特に熱心に聴いてました。

流しそうめんのようでいてコシのあるって(笑)どんなベースやねん!って突っ込み入れときます。

最近のも結構味があって好きですが前作はパットさんの病気とかでゴタゴタしてたみたいですね、新作は楽しみです・・・一応。

日本で何でこんなに人気なのか謎ですよね、メロディが日本人好みとか、2回の震災の後に駆けつけて励ましてくれたりとか、いろいろ理由はあるかと思いますが、メンバーさんのキャラが立ってるっていうのも大きいかと。

個別記事の管理2017-06-17 (Sat)
220px-No_Heavy_Petting_album.jpg ★★★★ 07リマスターJP盤

英国HRバンドの5thアルバム。

このアルバムでキーボードをプレイしているのは、元HEAVY METAL KIDSのダニー・ペイロネル(Key)
積極的に作曲にも関わってたみたいで、単なるサポートメンバーという扱いではなかったみたいだ。

ただし、マイケル・シェンカー(G) は、ダニーのプレイが嫌いだったみたいで、ダニーは次作からはドロップアウトされている。

ライナーノーツを読む限り、今作から本格的なアメリカ進出を企てたらしいが、音を聴く限り、いわゆるポップになったとか、そういったことは聴こえないように思うし、おっさんなんて、UFO黄金期の中では「Phenomenon」の次に好きなアルバムだ。

なんでも、ダニーの起用はアメリカ向けにロックンロール系を重視した目論見からだったそうで、そのことがマイケルを怒らせちゃったようだ。

マイケル自身がこのアルバムそのものが嫌いかって言ったら、そうでもなく、ダニーが作曲に関わった曲がダメなようで、さすがにアルバムをプロモートするツアーではライブでプレイしていたみたいだが、ダニーが去ると取り上げなかったみたいだ。
逆に、マイケルがいなくなったらライブでやったかというとそうでもなく、フィル・モグ(Vo)ピート・ウェイ(B) も実は好きな方ではなかったんじゃなかろうか?って勝手に想像しております。

さらに言えば、ダニーが2011年に元UFOファミリー周辺の人たち(ローレンス・アーチャークライヴ・エドワーズロッキー・ニュートン)と組んだバンドX-UFOのちにHOUSE OF Xでそれらの曲をライブでプレイしているのは言うまでもない。

面白いよね。

今作がマイケル云々の話を抜きにしても、後世に伝えるべく佳曲が多くあることは事実だと思います。

コッテコテのHMソング①Natural thingで快活良くスタート。アコギのリズムにピアノが跳ねながらやかましく絡む②I'm a loser、曲中のダイナミズムに惚れ惚れ。そして、ダニーがクレジットに名を連ねる③Can you roll her、イントロはキーボードの連打でバンドアンサンブルもけっこうHMしてる、ポップなんて言葉が当てはまらない重厚な曲だけどね、マイケルなんかクレジットに名前がないくせにかなり弾きまくってるじゃん。④Belladonnaは名バラードですよね。ギターオリエンテッドな⑤Reasons loveで弾きまくるマイケルは鬼神だね。ダニー単独作曲の⑥Highway ladyは確かに明るいロックンロール調だが、ベースのフックが凄くて軸はHMだよ。スローテンポで低音を歪ませる⑦On with the actionのヘヴィー感も堪んないよ。⑧A fool in love⑫Have you seen me lately Joanフランキー・ミラーの曲。ディープソング⑨Martian landscapeでアルバムを終えるところなんか、「Phenomenon」の美学と一緒じゃん、ここまで一気に聴きとおせますよ。
⑩All or nothingはSMALL FACESのカヴァー。アウトテイクの⑪French kisses⑬Do it if you can⑭All the stringsはアメリカ向けと言われても仕方のないソフトロックで、本編に入れなくて良かったねっていうレベルかな。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
この時期のマイケルさんは良い感じですよね~、実はUFOに関してはフィル・モグさんの声が大好きで全部の時代気に入ってます、マイケルさんのいない時代は異様に評価低いですけどね。

この辺から85年のMISDEMEANORまでの歌唱は特に絶品でした、今のフィルさんも悪くないですがちょっとパワーが落ちてるような気がします。

猿! * by グラハムボネ太郎
ロックンロールピアノが入ろうが、本質は変わらない。
私も大好きなアルバム。
いつも夜に聴いてます

* by フライヤーズポンタ
マイケル云々抜かせば、フィルにしろ、ピートにしろ、個性が際立つメンバーの宝庫ですよね。

自分はマイケル云々でしか語れないんで、いつもながら感性の狭さに自省の念に駆られたりして...。

たしか、ボネ太郎さんはいつの時代のUFOも応援してるはずでしたよね。

皆さん、さすがです!!

個別記事の管理2017-06-14 (Wed)
今日は、インディアダイニング ローカルインディアでカレーを食べた。

けっこうオシャレなインドカレー店で小奇麗。

なんといっても、終日ナンが食べ放題なのが最高にイイし、プレーンナンなのに、ほんのり甘いモッチモチのナンが何枚でも食べられる。

そして、サイドメニューも豊富です。


KC3H0001201706091.jpg
ダンニャワードセット

カレーを2種類食べたい人にはお得なセット。インドの定食スタイルだそうです。


KC3H0002201706092.jpg
チキンコルマ

カシューナッツソースのクリーミーなカレーで、人気No.2だそうだ。


KC3H0003201706093.jpg
マサラ風焼ビーフン

味が濃くて、ビーフンなのにご飯が食べたくなる逸品。


まだまだ食べたいカレーとサイドメニューがたくさんあったので、また行きまーす!!
Theme : カレー * Genre : グルメ * Category : グルメ/旅
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-10 (Sat)
LOUD PARK 17の第一弾ラインナップが発表されたのは4月だったっけ?

6月になっても第二弾の発表がなく、ローテーション職場のおっさんとしては、早くスケジュールを押さえたくてしょうがない。

出演バンドのオフィシャルHPを覗いてみると、日程を確定させているバンドがチラホラいるのがわかった。

pose_arasagashi.png

10/14
ALICE COOPER
BEYOND THE BLACK
CRADLE OF FILTH



10/15
MICHAEL SCHENKER FEST
SABATON


あくまで、今、各バンドのHPを覗いてみただけなんで、これで確定してる保証はありませんので、悪しからず。


うーん、第二弾ラインナップ発表が気になる。


あとは、OPETHOVERKILL が10/14組に入れば、1日券だけで済みそうだな。


クリマンさん、早くアリス先生の単独をブッキングしてくださいね。
Theme : LIVE、イベント * Genre : 音楽 * Category : 暮らしの日記
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-06-03 (Sat)
Yes-close.jpg ★★ 94リマスターGER盤

英国プログレッシヴロックバンドの5thアルバム。

YESの最高傑作としてどこでも名前が出てくるこのアルバム。
正直、何も思い浮かばない。
だから、おっさんのお気に入り度もごく普通の2スターズ。前作「Fragile」の方が断然好きだ。
くどいようだが、ダメというわけではない。あくまでも、お気に入り度合が自分の中では低いというだけの話だ。

なぜなのか自分なりに解釈してみるんだが、超絶テク集団のプログレバンドの真骨頂だっていうのはよくわかる。

大作指向ゆえに、冗長か?って言ったらそんなこともなく、手を変え品を変え様々な表情が交錯する一大音楽絵巻となっている。

小鳥たちのさえずりからバンドアンサンブルに入る①Close to the edge では、すべての楽器がちゃんと調弦・調律されてないんじゃね?的なよくわからん音色とクネクネのリズムで頭が混乱するんだけど、なぜか不快に聴こえないこの凄味。わかります?複雑怪奇な演奏とは裏腹に少年のような歌声で囁くように唄うジョン・アンダーソン(Vo)の声質も絶妙なブレンドとなっていい味出してんだろうな。これって、実際に聴いてみないとわかりませんわな。1曲目なのに大団円で終わって昇天しきってしまうこの快感。これで終わんないんだから絶倫野郎も敵わない。
スペーシーなんだか、フォーキーなんだか焦点をはっきりさせてくれない謎解きゲームのような②And you and I でホロ酔わせてからリズミカルな③Siberian Khatru のシャッフルがスタート、アルバム中で最も短い9分弱の曲なんだけど、ベースメントがどんな曲だったか忘れるくらいに場面展開が激しく変わって聞き手に休む余地を与えてくれないほどの強力な曲だ。

いやぁー、こりゃロック史に残る傑作だわ。

① Close to the Edge
   I. The Solid Time of Change
   II. Total Mass Retain
   III. I Get Up, I Get Down
   IV. Seasons of Man
② And You and I
   I. Cord of Life
   II. Eclipse
   III. The Preacher, the Teacher
   IV. The Apocalypse
③ Siberian Khatru
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
プログレに関してはポップな方が好みなんでイエスのコレは結構後に購入しました、最初買ったのは90125やビッグ・ジェネレーターで、それから遡るような感じでこのアルバムに辿り着きました。

私も正直に言うと「こわれもの」の方が好きですね、これは言われてるように全然悪くないんですが何か最後まで集中力が続かなくて途中で中断したり?。

* by フライヤーズポンタ
やっぱり某音さんは、逆に進みますね。(笑)

自分は王道しか触手が伸びないんで、某音さんの入り口はさっぱりわかりません。

相変わらず自分はイケてません。