2017/07/29

すんげぇ気になるバンド

owenscafferydigiorgiozonder.jpg

ティム・オーウェンズ(Vo) 元JUDAS PRIESTとか

クリス・キャファリィ(G) 元SAVATAGEとか

スティーヴ・ディジョルジオ(B) 元ICED EARTHとか

マーク・ゾンダー(Drs) 元FATES WARNINGとか

で、プロデューサーにロイ・Zときたもんだ。


その名もSPIRITS OF FIREだそうだ。


ドラマーはボビー・ジャーゾンベクが良かったかなぁー。

2018年初頭にはデビューアルバムが出てくるそうだ。

LAST IN LINEよりもこっちの方がメタル度は高そうだし、期待大ですな。
2017/07/23

KISS 「Love Gun」

220px-Love_gun_cover.jpg ★★ 97リマスターUS盤

アメリカンHRバンドの6thアルバム。

前作「Rock and Roll Over」同様にエディ・クレイマーをプロデューサーに迎え、ストレートなロックンロールパーティーを叩き付けるアルバム。

全国のキッスアーミーを敵に回すかもしれないが、おっさんは「Alive Ⅱ」は手放した。だって、「Alive!」さえ持ってりゃいい気がしたもんだから...。

だからなのか自分でもよくわからんが、「Destroyer」以降のKISSって、どうもワクワクしない。

最高傑作としてよく知られる前作「Rock and Roll Over」より「Dressed to Kill」の方が断然好きだ。
たぶん、リアルタイムで今作などを聴いてなかったからなんでしょうね、きっと中学生くらいでこれを聴きゃ、チビリもんだったんでしょうに。

リアルタイムでKISS全盛期に接していた先輩方が羨ましいのである。その分、自分は損してると思ってます。

何がそんなに琴線に触れないかっていうと、変化の無さなんだろうな、きっと。
キッスアーミーとしては、安心して聴ける今作なんか諸手を挙げて喜ぶんでしょうけど、70年代英国ありきの自分としてはそれがむしろ脳天気すぎて飽きちゃうのかもしれん。
これはもう、個々の感性に委ねられるもんなんでしょうがないな。

アルバムとしての完成度で言えば、前作同等だと思います。
つべこべ言わずに、黙って聴け!!っていうアルバムですよ。

① I Stole Your Love  リードヴォーカル:ポール・スタンレイ(Vo/G)
② Christine Sixteen  ジーン・シモンズ(Vo/B)
③ Got Love for Sale  ジーン
④ Shock Me  エース・フレイリー(G)
⑤ Tomorrow and Tonight  ポール
⑥ Love Gun  ポール
⑦ Hooligan  ピーター・クリス(Drs)
⑧ Almost Human  ジーン
⑨ Plaster Caster  ジーン
⑩ Then She Kissed Me  ポール
2017/07/19

メタル喰い in 勝浦漁港

勝浦漁港の対面に店を構える勝喰(かっくらう)で魚三昧。

最近、よくテレビで紹介されているんで、知ってる人も多いはず。

KC3H00042017171.jpg

勝浦はカツオがよく獲れて、ちょっとした名物となっているらしい。

だもんで、カツオの一品刺身を試してみる。

KC3H0001201707172.jpg

肉厚だねぇ。
ただ、カツオはたたきの方が好みかも。

金目の煮つけを食べたかったが、この日はもう売り切れていたので、他の物を頼みました。

KC3H0002201707174.jpg

サバの味噌煮


KC3H0003201707173.jpg

海鮮丼


海鮮丼は、ご飯に海鮮が乗っかっているスタイルではなく別々です。で、ご飯は酢飯ではありません。


うーん。アジが食べたい。
アジとかの青物は、内房じゃないとあがらんのかねぇ?

おかずの量が多くて、腹ペコさんには大満足すると思いますが、目の前の市場にしばられているので、海鮮の種類が少ないっていうのもあってメニューが少ないかな。

それを解消するためでしょう、唐揚げ定食などもあって、子供を対象にしたメニューもあるみたいです。
2017/07/15

KISS 「Rock and Roll Over」

220px-Rock_and_roll_over_cover.jpg ★★ 96リマスターJP盤

アメリカンHRバンドの5thアルバム。

前作「Destroyer」ではプロデューサーにボブ・エズリンを起用して、アーティスティックな一面を魅せたKISSであったが、今作では、「Alive!」で一緒に作業をしたエディ・クレイマーと再びタッグを結び、ハードドライヴィングな一面を強化すべくスタジオ入りしたようだ。

スタジオ入りとは嘘で、実際にはとある劇場のステージに機材を並べて、コンサートをしてる雰囲気の中で録音されたらしい。
いかにも、エディらしいアイデアではないか。

そのことが功を奏したアルバムと言えるだろう。

ビックリするくらいにしっとりとアコギの調べに寄り添いつつ朗らかに唄いながらアルバムが①I want youでスタートするもんだからハッとするんだが、すぐさまゴリゴリのHRソングへと装いを変えてこれまた度肝を抜かされる、名盤になる予感を与える序曲となっている。

後は、カーステをガンガンにかけまくりながら高速をぶっ飛ばして聴いてくだされ。爽快でっせ。

① I Want You  リードヴォーカル:ポール・スタンレイ(Vo/G)
② Take Me  ポール
③ Calling Dr. Love  ジーン・シモンズ(Vo/B)
④ Ladies Room  ジーン
⑤ Baby Driver  ピーター・クリス(Drs)
⑥ Love 'Em and Leave 'Em  ジーン
⑦ Mr. Speed  ポール
⑧ See You in Your Dreams  ジーン
⑨ Hard Luck Woman  ピーター
⑩ Makin' Love  ポール
2017/07/01

LOUD PARK 17 日程別ラインナップ発表にうぎゃぁー

top_banner_0628.jpg

ついに出ましたね。


おっさんは以前、CRADLE OF FILTH が14日と記事にそれらしく書き込んだのですが、間違っておりました。

そもそも、CoFのオフィシャルHPでは14日と告知されてたんですが、変更しちゃったんですかね。

デマみたいな記事を書いてしまってゴメンナサイ。


何はともあれ、CoFのニューアルバムは9月下旬に発売され、本国イギリスツアーより先に、その先陣を切ってのラウパ出演となる。

そうすると、ラウパはリハーサルみたいなもんで、ニューアルバムをプロモートする単独追加日本公演はないと見た。

2日とも行きゃぁいいんだが、土日両日休めない仕事と、財布事情を鑑みれば、14日だけで、CoFは我慢するっきゃないのかな?


ただの独り言でぇ~す。