2017/08/27

DREAM THEATER 「Train of Thought」

220px-Dream_Theater_-_Train_of_Thought.jpg ★★ GER盤

米国産プログレメタルバンドの7thアルバム。

生粋のメタラーたちがこぞって最高傑作と絶賛するアルバム。

DTに何を求めるのかと、各自の嗜好に沿ってその評価が分かれると思うんだが、今作はとにかくヘヴィ & ダーク。
だからこそ、コアなHMファンたちが大好きなアルバムなんでしょうか?

自分の過去を振り返ると、21世紀に入って、HMのサブジャンルがどんどん細分化されていく中で、おっさんは完全についていけなくなった。昭和人間万歳!!
IRON MAIDENブルース・ディッキンソンが戻り、HM業界が(特にヨーロッパで)再浮上していくという喜ばしい状況になっても、結局古いメタルにしか琴線を動かされない感性の乏しいおっさんは完全に取り残されるわけだな。

自分の私生活においても、今作が発表された2003年には長子が誕生し、生活の中心が家族になってくると、この時点でメタルから卒業しても良かったんだろうに。
しかし、アメリカでのメタルアイコンであるはずのNu Metal などをあまり取り上げることのないBURRN!のおかげ(嫌味じゃないよ)でメタル嗜好をやめずに済んでいます。
ただ、いつの時点でBURRN!の購読をやめたかは記憶にないが、やっぱりメタルコアやメロデスなんかの新人を取り上げなければならない責務のあるBURRN!も自分が読む記事がどんどん少なくなっていき、今に至る。

だから、リアルタイムで今作を聴いていないし、この頃のDTはまったく眼中にありませんでした。

後追いで今作に接してみるに、DTってけっこう流行っていうか、時流に乗るバンドなんではないか?って思ったりする。
それは、マイク・ポートノイ(Drs) が顕著にそういう傾向があるのかもしれませんが...。

Heavy Metal の音がヘヴィなのは、ジャンル名より当たり前なのかもしれませんが、時代というか、メタル野郎たちはもっとヘヴィに、もっとハードコアに、ってな具合にシーンを染めていく傾向にあったかもしれません。
そのことは、きっとDTも無視できなかったはずなんでは?

1曲目①As I am のイントロからすんげえ歪ませたノイズの洪水みたいな雰囲気で始まって、もうすべてがすんげぇ重いのよ、だってHeavy Metal やってんだもん。これまたノイズを何度もカマセテくる②This dying soul は、マイク・ポートノイ(Drs)主導による6th「Six Degrees of Inner Turbulence」“The Glass Prison”から続く組曲だそうで、歌詞とメロディを共有してるそうです、こんなこと言われなきゃわかりっこないよね、コアなファンじゃないとついていけないバンドっていうコンセプトなのかもなぁ、そういうことを抜きにして、ここでのインタープレイはぶったまげまっせ。突如、③Endless sacrificeで急にムーディーに始まるんだけど、パワーコードでリズムを刻むギターはHeavy Metalそのものだし、中盤からまたまた驚異のインストバトルに突入しちゃって、もう、失禁しまくりです、この演奏力には呆気にとられるしかないでしょ。④Honor thy fatherは、ポリリズムってやつなのかなぁ?すんげぇ複雑なリズムで、ギター、ベース、キーボードすべてが真っすぐに攻めてきます、ここまでくるともう凄いというか、恐いね。⑤Vacantでは、チェロ演奏が入って物哀しい雰囲気に、ピアノもまた肌寒さを誘うんだよねぇ。メロディをそのまま引き継いで始まる⑥Stream of consciousnessは11分もあるインストソング、冗長じゃなく、歌メロがなくても説得力のあるドラマが見出せます。最後、⑦In the name of godも重いぞぉー、邪悪だぞぉー、ジェイムズ・ラブリエ(Vo) の見事な歌唱も忘れないでね~。
2017/08/20

嬉しい悲鳴

「懐古趣味のおっさんが黙ってろ!!」って若者に言われそうだが、長生きしてりゃあいいことがあるってもんだ。


【その壱】

Whitesnake’s Classic “1987” Album Gets Super Deluxe Edition for 30th Anniversary


10月にあの名盤「Serpens Albus」のリマスターと未発表ライブ盤が出るって?

20周年でもリマスターが出なかったか?すんごいクリアに音質が向上してるのを期待して待っちゃうよ。



【その弐】

KANSAS ANNOUNCES LIVE CONCERT ALBUM LEFTOVERTURE LIVE & BEYOND TO BE RELEASED NOVEMBER 3


11月にこっちの名盤「Leftoverture」も再現ライブが出るって?

今、ヴォーカル誰やってんの?

ツアーもするんだって?きっと日本にも来るんだろうなぁ。LOUD PARK 18だったりする?


趣味にお金を使うのは悪いことじゃないよね。


今から楽しみじゃーーーーーーーーー。

nudy1.jpg
2017/08/16

CRADLE OF FILTH 「Thornography」

Thornography_cover.jpg ★★ JP盤

英国産エクストリームメタルバンドの7thアルバム。

今作ではセカンドギタリストに変更があり、前作「Nymphetamine」の時と同様、無名の新人チャールズ・ヘドガー(G) が採用されている。
で、これまた前作同様、チャールズは、今作限りでバンドを去っています。まあ、アルバムを聴いたところで、誰が何を弾いているかなんてわからん音楽ド素人のおっさんとしては、どうでもいい話ですけどね。

前作は自身のルーツを掘り起こすかのようなメタル賛歌を思わせる作風だったが、今作もその延長線にあると思っていいんでしょう。

大きな変化はないが、ダニ・フィルス(Vo)が言うように、リズミックでキャッチ―な楽曲が揃っている。
リズムはどことなくダンサブルでもあり、タテノリのエクストリームメタルが聴けるのが面白い。

① Under Pregnant Skies She Comes Alive Like Miss Leviathan
② Dirge Inferno
③ Tonight in Flames
④ Libertina Grimm
⑤ The Byronic Man
⑥ I Am the Thorn
⑦ Cemetery and Sundown
⑧ Lovesick for Mina
⑨ The Foetus of a New Day Kicking
⑩ Rise of the Pentagram
⑪ Under Huntress Moon
⑫ Temptation
⑬ Halloween II


⑩はナレーションに続いて始まる7分もあるIRON MAIDEN風のインストソングとなっています。ダニのダミ声咆哮がなくともCoFの世界観が垣間見えるなんてス・テ・キ💛


祝LOUD PARK 17出演!!
2017/08/05

CRADLE OF FILTH 「Nymphetamine」

Nymphetamine_cover.jpg ★★ JP盤

英国産エストリームメタルバンドの6thアルバム。

前作「Damnation and a Day」から大きくメンバーチェンジはないが、新たに無名のジェイムス・マッキロイ(G) がオーディションの末、新メンバーとして迎えられた。
ちなみに、彼は、今作だけで一度バンドを離れるが、数年後に出戻りすることとなります。まあ、メインのギタリストはポール・アレンダー(G) なわけで、どうでもいい話ですけどね。

前作では、オーケストラと混声合唱団との共演を果たし、シンフォニックなエクストリーム世界をコンセプトアルバムとしてとことんやり遂げたわけだが、おっさんにとっては冗長過ぎた。

今作はタイトルに沿ったストーリー性はないそうである。

ただ、①Satyriasisが始まるや、思わせぶりなイントロにナレーションが入るというストーリーアルバムのような入り方をするあたり、ドラマチックなアルバムが聴けることを予感させてくれる。

ライナーノーツをパクると、

『今作はCoFにしてはダイレクトでストレートなHeavyMetal 作品に仕上がっており、過去数作の延長線上にあるものを予想していた人たちには驚きをもたらすはずだ。』 とある。

確かにHeavyMetal ソングが居並ぶが、曲単位でみると、曲構成に起伏があり、実に表情豊かな楽曲が並ぶ。

以下に、ダニ・フィルス(Vo) が曲の印象を語っているので、それらを参考にアルバムの表情を想像してみましょう。

① Satyriasis
② Gilded Cunt
  SEPULTURAとTERRORIZERからインスパイア。
③ Nemesis  AT THE GATES meets JUDAS PRIEST meets MORBID ANGEL.
④ Gabrielle  SLAYER風
⑤ Absinthe with Faust  「Master-」時代のMETALLICAっぽい。
⑥ Nymphetamine (Overdose)
⑦ Painting Flowers White Never Suited My Palette
⑧ Medusa and Hemlock
  3rdの曲がDESTRUCTIONとDEATHに出会ったような曲。
⑨ Coffin Fodder  初期IRON MAIDENを思わせる。
⑩ English Fire  MANOWAR meets CATHEDRAL
⑪ Filthy Little Secret  MERCYFUL FATE meets MOTORHEAD.
⑫ Swansong for a Raven
⑬ Mother of Abominations
  EMPERORにインスパイア。
⑭ Nymphetamine (Fix)
⑮ Bestial Lust (Bitch)



祝LOUD PARK 17出演!!
2017/08/02

メタル喰い in 岸根公園

今日は横浜に出向いてから地下鉄での外回り。

ほんで、下車した何もない駅前にオシャレなハワイアンレストランを発見。

Merengueでパンケーキ祭りと相成った。


KC3H0001201708011.jpg
ワイルドバーガー


KC3H0002201708024.jpg
ハワイアンテリヤキチキンバーガー

KC3H0003201708013.jpg
スパム&エッグケサディーヤ

KC3H0004201708016.jpg
マカデミアナッツクリームパンケーキ
        キャラメルバナナパンケーキ


なんでこんな何にもないところに、こんなオシャレな店があんのよ?と思いつつ美味しく頂きました。


ふんわりパンケーキはボリューミーなパンケーキが一皿に3枚乗っかてるんで、覚悟して注文しましょう。けっこう、腹に来ます。

ハンバーガーも具がでっかくて値段相応の満足感が得られるんじゃないでしょうか。


ごちそうさま。