個別記事の管理2017-09-23 (Sat)
220px-Opeth_Morningrise.jpg ★★★ 00リイシューUS盤

スウェーデン産プログレメタルバンドの2ndアルバム。

スウェーデンにはテクニカルなメタルバンドが実に多いし、メタル愛もずば抜けている。

これはなんでなんだろう?って常々考えていたわけだが、先日、とある番組でスウェーデンにおける音楽教育の現状を伝えるトピックスが取り上げられていて、感心させられた。

その番組によれば、小学校の音楽の授業で、普通にHeavy Metal の楽曲が取り上げられ、中学では、バンドを組んでメタルソングをひたすら練習する実技授業みたいなものが存在するらしい。
日本で例えるなら、音楽の教科書にSMAPの楽曲が教材として挙げられているようなもんでしょ?これって。

ってことは、スウェーデンでは、物心ついた時からメタルが手の届く範囲で散らばっていて、何の偏見もなく接する機会が多いということだ。日本では考えられないことではないか。

まあ、おっさんも音楽全般を聴いているわけではないので、一概には言えないのだが、メタル愛を持つ自分としても、Heavy Metal は実にインテリジェントな音楽だと常日頃から想って接しているわけで、こういうのを聞くと、メタル信者として誇りに思うんだな。
別に、メタル至上主義ではないし、他のジャンルを下に見るなんてことは決してない。だからといって、信者を増やそうなんてことも思わないし、何かのとっかかりからメタルの深淵な世界に憑りつかれる輩がでてくるのが一番いいと思うし、手っ取り早い話、メタル好きになるには自分次第ってことでしょ!?

ほんでもって、メタルの入り口として今作を推薦しているわけではなくて、スウェーデンの懐の深さみたいなのをこのアルバムから感じ取っていただければいいのかな?他にもこういうバンドはたっくさんいるんですけどね。

このバンドはほとんどプログレです。
音楽的バックグラウンドとしては、プログレッシヴロック、フォーク、ブラックメタル、デスメタルの影響が見られるんですけど、これらをミックスしてどうなるかなんて想像できないでしょ?
ぜひ、ご自身の耳で確かめてみてほしい。

アナログ音の「陽」とデジタル音の「陰」(いや、どっちも陰かもしれない)が交互に目まぐるしく表情を変えていく。これをライブでどう再現するんでしょう?
アコギを横に置いといて、エレキギターから流れるように持ち替えるなんて絶対にできないわけで...。どうすんのよ。
ギタリストが二人いりゃあ、なんとかなるか。

特段メロディアスな楽曲をカマしてくるわけじゃないんだけど、二人のギタリストが奏でる暴虐性の旋律なんかは、WISHBONE ASHっぽいんだよねぇ。
ユニゾンになることはほとんどなく、お互い別々のノートを刻みつつ各小節をつなぎ合わせていく構築美。要するに、ツインリードであるからして、ブラック/デス界のWISHBONE ASH的な、ってわかります?

全カタログ追ってみたくなるから、聴いてみな。
って、おっさん、1st持ってないんだよなァ。聴いた方がいいかな?

① Advent
② The Night and the Silent Water
③ Nectar
④ Black Rose Immortal
⑤ To Bid You Farewell
⑥ Eternal Soul Torture



祝LOUD PARK 17出演!!
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
オーペスに手を出されましたか!。
このバンドは根っこはプログレなのにデスメタルっていうイメージからプログレ系のファンに敬遠されててもったいないなぁ~って思ってました。
このアルバムの頃はウインド・メタルとかフォーク・メタルみたいな呼び方をされてたと思います。
最近のアルバムはデスメタル要素がゼロなんでこちらもお勧めですが、1作目はデス系の耐性がないとちょっとキツいかも?、動画サイトで聴けるんで試聴してからをお勧めします。

ちなみにライヴDVD観た限りではライヴも凄いバンドです。

スウェーデンってそんな小さい頃から英才教育してたんですか(笑)、そしたらノルウェーならブラックメタル・・・ってそんな事はないですね。

* by 管理人
某音さんのご忠告通り、1stはダメそうなんで、やめときます。

プログレバンドだからこそデス/ブラック要素も取り入れる素養があるというニュアンスでつきあってます。

個別記事の管理2017-09-16 (Sat)
行ってきました、2017/09/14、中野サンプラザ。

今回のジャパンツアーは新作「The Rise of Chaos」発売前に告知されてチケットの販売が敢行された。

おっさんは何も考えずにイの一番にチケットを入手し、新作を待っていたわけだが、これで本当にいいのか、ちと不安になってきていた。
ACCEPTのライブはそれこそ新旧織り交ぜた上手いセットリストで楽しませてくれるので安心できるはずなんだが、新作を聴いてもいないのに勇み足だったかな?ってね。

で、ライブ約1か月前にようやく新作が聴けたわけなんだが、ホッとしたね。いい意味で何も変わらなかった。
ウルフ・ホフマン(G) はちょっとヘヴィ寄りになってるかな、なんてインタビューで答えていたが、本当に何も変わらなかったね。

今日で3作連続となるACCEPTのライブ。もういい加減行かなくてもいいんじゃねぇかと思いつつも、今日は過去の名作から何がチョイスされてるのかなと期待しつつ中野へと向かう。通勤帰宅時の中央線は激混みで本当に嫌気がさすな。中央線沿線にお住いのサラリーマン諸氏には頭が下がります。

今回、日本がワールドツアーの初陣になるわけでセットリストの予習もできん。このワクワク感たまらんね。と言いつつ、関西公演のセトリを見ちゃったけどね。


会場に入ってステージを見つめると、ちょっとびっくらこいた。

前回のツアーまでは、ステージ上に何も置かない飾りっ気のないステージでメタルをガンガンプレイしていたわけだが、今ツアーでは、ステージがメタルっている。張りぼての鋼板がわきを固め、ドラム台の後ろには巨大なバックドロップが垂れ下がっている。
なきゃないで漢気を感じていたのも確かだが、こういうのあった方が断然いいよね。

PA0_0000201709151.jpg


定刻を6分ほど過ぎて暗転し、新作の1曲目を飾る①Die by the Swordのイントロがテープで流れ、メンバーが登場。大歓声に迎えられてショウがスタートです。

②Stalingradが始まりゃ更なる大歓声になること間違いなしでしょ。この曲はいつからメタルアンセムになったんだろうね?2曲目にしてすんごい曲をブッこんでくる

ほんで、クラシックタイムに突入し、
  ③ Restless and Wild
  ④ London Leatherboys
  ⑤ Living for Tonite


今回気になったのは、PAスタッフが下手くそだったことだな。⑤の冒頭で急に音量を上げてきやがってここまで小さくても各楽器のバランスも良好で聴こえていたのに音が割れるようになっちまった。ほんで、こういう微調整というか、大修整をこの後も数回やるもんだから、気になってしょうがなかった。そんなのリハーサルでやっとけよって思いました。

今度は新曲タイムで、
  ⑥ The Rise of Chaos
  ⑦ Koolaid
  ⑧ Analog Man
  ⑨ No Regrets


新曲が新曲じゃないのよ!!って意味わかんないでしょ。オーディエンスにすごく浸透してんのよ。すべてね。新曲が発表されたのは1か月前よ。ウルフが器用に繰り出す⑦のギターピロピロが始まっただけで大歓声があがんのよ、凄くない?それだけ人を魅了する曲を作るのに長けてるってことでしょ。新作の中でも地を轟かすヘヴィソングの⑨なんて、次回以降のメタルアンセムになること間違いなしよ。

  ⑩ Final Journey
  ⑪ Shadow Soldiers


ウルフのエモーショナルなギターソロが始まりゃ、途中からダークサイドへと突入し、⑫Neon Nightsに雪崩込むのはもうワンパターンになっちゃったな。もう鳥肌立ちません。

  ⑬ Princess of the Dawn
  ⑭ Midnight Mover
  ⑮ Up to the Limit


⑯Objection Overruled はおっさん知らないんだけど、ここでお決まりのギターvsベースの一騎打ちを入れてきた。これも毎回のことなんだけど、この曲に入れてくるのは新たな趣向で感心しました。いつものように4弦が6弦のギターに勝てるわけないでしょってコミカルに終えて曲を締めくくりました。カッコいいーーーーーー。

  ⑰ Pandemic
  ⑱ Fast as a Shark


ここまでで、時計は20時45分を指してました。

間をそんなに開けずにアンコールがスタート、
  ⑲ Metal Heart
  ⑳ Teutonic Terror
  ㉑ Balls to the Wall


時計は21時06分。2時間きっかりのライブをしてくれました。

PA0_0001201709152.jpg


やっぱりライブはナマがいいよ。お腹で出してね💖って感じで。

最新ライブ作「Restless and Live」がそんなに熱狂するほどでもなかっただけに、本当に心配していた今回のライブだったわけだが、本物はやっぱいいよ。同じ空間でバンドの一挙手一投足を観ながらアドレナリンが噴き出す快感こそがライブだよ。
メタルミュージックに合わせてHMフォーメーションを繰り出す様は観てて鳥肌もんよ。BABYMETALのキレッキレダンスにももちろん萌えるんだろうが、アラ還暦連中が漢気丸出しで決めポーズをとる姿に感動しないわけないでしょ。よ!!いぶし銀。

メタルを好きでよかったと思えた一夜でした。

あと数作はこの路線でいってよね。また会いに行くからぁ~ん。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : ライブレポ
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
ライヴ参戦お疲れ様です。
確かにステージセット豪華ですね、ぱっと見た感じはコンテナ積んだ資材置き場みたいなイメージ?。
どうしてもやらないといけない人気曲が入って新曲からも~ってなると聴きたい曲が抜ける場合もあるし、次のライヴでも新曲増えるし選曲は難しいと思いますが、これはこれで実際見たら私も満足すると思います。
最近コテコテのメタルのライヴ行ってないんでまた行きたくなりました~。

* by 管理人
何度も言ってますが、IRON MAIDEN と比肩しうるバンドだと観るたびに思ってます。

大満足でした。

個別記事の管理2017-09-09 (Sat)
220px-Dream_Theater_-_Octavarium.jpg ★★★ JP盤

米国産プログレメタルバンドの8thアルバム。

こんなことやれんのはプログレバンドだけだよね。きっと、本人たちも自覚してるからこそ、徹底したコダワリを聴き手に送り付けてくるんだよね。

今作は8作目ということで、アルバムタイトルでも暗示されているように、数字の「8」とその黄金比とされる数字「5」に徹底的に拘ったそうです。
まあ、こういうコダワリは今作が最初というわけではなく、過去作にもあったわけだが...。

収録曲数が「8」っていうのは単純だが、言われなきゃわからんコダワリがそこかしこに埋め込まれているらしい。

あー、聞かなきゃ良かったよ。いろいろ詮索しようとしちゃうじゃん。
でも、音楽理論やら都市伝説の類を知らないおっさんのような凡人には絶対不可解なものなので、考えるのをやめましょう。

色んなもんを取っ払って、音だけ聴いていると、今作はすんげえ心地いいですよ。

ジェイムズ・ラブリエ(Vo) の歌唱も出番が多い作品で、何より全体が美しいメロディで支配されています。
だから、前作「Train of Thought」でのHeavyさを心底好きなメタラーには評判が薄い作品になったみたいだが、ちゃんとメタルっぽいところも存在しているので、それでもDTの作曲センスには脱帽してますっていう批評が多くを占めている。

前作の延長なのかなって思わせる音作りの①The root of evil は、マイク・ポートノイ(Drs) 主導によるTwelve-step Suiteの組曲のひとつで、前作曲“This dying soul”の続き。ピアノがポロンポロンって物哀しく奏でられる②The answer lies within はバラードって言っていいのかな?遂に来ました、DTメタル部とも言えそうなギター音で切り込んでくる③These walls、歌メロに入るとそんなにメタルメタルしてないんで、鋼質な音作りと聴きやすいメロディが同居してるから凄いね。④I walk beside youなんか、アメリカン歌謡を聴いているようで、アメリカのラジオ局には受けたんじゃなかろうか?日本でもFM局から聞こえてきそうな曲だね、え!?今のDTだったの?ってなっちゃうかもね、なんとも爽やかな曲です。キタキタキター、鬼のベースラインから怒涛のリズムと歪んだギター音、これこれこれ、これを待ってました、⑤Panic attack におけるインタープレイの緊張感に脱帽するしかないでしょ。前曲の雰囲気を引き継ぐ⑥Never enoughはスピード感で勝負するが、サビはやっぱり爽やかだね。⑦Sacrificed sonsはオーケストレーションが入る大味なプログレ曲。で、ここで終わらず、24分もある組曲⑧Octavariumで最後を締めくくります、ここまでくると、変態以外の何物でもないでしょ、70年代の先人たちを最大限にリスペクトしたプログレソングとなってます、プログレオタクぶりが全開すぎて、それこそ、爽快感を全身で受け止めることが出来て、心打たれること間違いなし。

メタル好きでよかったぁーーーーー!!
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-09-02 (Sat)
富士山の裾野にあるテーマパークに行ってきた。

園内にはアトラクションエリアのフォレストぱーくと犬エリアのドギーパークに分かれていてとにかく広い。

ドギーパーク目当てに行ったんだが、肝心の犬がぜんぜんいない。

いるにはいるが、これだけ?って感じで若々しさ漲る犬が見当たらない。

犬を満喫したい人には不満足だろう。

来年は戌年なんで、ノルウェジアンエルクハウンドと散歩&記念撮影を済ませて帰宅することに。


帰り際に目についたクレープ屋のももが無性に食べたくなった。

生のももをフンダンに使ったクレープとスムージーを堪能した。ついでに、スイカのスムージーにも手が伸びた。

KC3H0002201708253.jpg
KC3H0004201708252.jpgKC3H0003201708251.jpg


富士山麓は涼しくていいや。
Theme : ちょっとおでかけ * Genre : 旅行 * Category : グルメ/旅
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
実は富士山はまだ生で観た事無いんですよね~。
1度だけ仕事で言った東京は飛行機日帰りだったし、関東圏は本当に縁が無いです・・・。

* by 管理人
けっこうそれって普通のことだったりするんじゃないですかね。ぜんぜん驚きませんし、住み慣れた故郷が一番ですよ。

でも、本場で讃岐うどんを食べてみたいんで、いつかきっと四国には行ってみたいです。