個別記事の管理2014-10-26 (Sun)
Royal_Hunt_A_Life_to_Die_For.png ★★ JP盤

デンマーク産メロディックパワーメタルバンドの12thアルバム。

DC・クーパー(Vo)出戻り第2弾というわけだが、もう安心して聴けますね。
大仰なオーケストレーションに良質なメロディ満載の曲目白押し。
悪く言えば、何の変わり映えもなく同じようなアルバムばかり作っちゃう、ってか。

アンドレ・アンダーセン(Key)によると、ライナーノーツに書いてあるが、今作で初めてバンドと同等の立場でクラシック楽器を導入したそうだ。意外だな。
シンセじゃなくて、生オケを使ったってことかい?
また、中編成のクワイアも加えたと言ってるが、それが目立つ曲あるかな?

①Hell comes down from heaven、オオカミの遠吠えがこだまするとピアノのメロディに続いて彼ららしい大仰なオーケストレーションが始まって安心するとともに珠玉のメロディに身を委ねること請け合いだ、相変わらずギターソロはバリバリのメタルだな。女性ヴォーカリストの歌メロで入る②A bullet's tale、女声はイントロだけで、彼女が唄うことにどういう意味があったのかよくわからない、ストーリー上の演出なのかな?③Running out of tearsのサビのコーラスは大衆受けしそうだな、耳に残ります。クワイアが目立ってるとしたら⑥Won't trust, won't fear, won't beg ってことになるのかな?今までもこんな大仰なコーラスを使ってたような気がするんだけど...。⑦A life to die forでは、意外にもイントロでメタルなギターが目立ってます。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する