個別記事の管理2014-11-18 (Tue)
220px-Kiss_alive_album_cover.jpg ★★★★ JP盤

アメリカンHRバンドの75年アメリカツアーの模様を捉えたライブアルバム。

おっさんはKISS ARMYではない。
なので、長らくKISSのアルバムはこれしか持っていなかった。というよりこれだけで充分なような気がする。
当然、「Alive Ⅱ」も持ってたが、こっちはスタジオ録の新曲が多く入っていて折角のドライヴ感を台無しにしてたのでリストラしちゃってます。

KISSはテクニカルなバンドでもないし、HM然りとしたバンドでもないので入りにくいバンドだが、華はある。
ロックショーをエンターテーメントに押し上げたバンドとして、歴史上はきっと重要なバンドなんだと思います。

おっさんのKISSとの出会いは「Hot in the Shade」。
この頃はHR/HM全盛期であり、良質なアルバムが雨後の竹の子のように次から次へと発表されていた。
HR/HMの魅力に憑りつかれていた高校生のおっさんは当然、ロックレジェンドの新作に跳びつくわけである。
そうは言っても、この頃は貸レコード店でLPを借りてカセットテープにダビングすればそれで済んだわけである。
けっこう気に入ったアルバムだったが、CD化の際に買い直すことはなかったし、今後も聴くつもりはない。
CD化の際に選ばれたのが、このライブアルバムであったわけだ。

演奏もたいしてうまくないのに、勢いと奇抜な衣装でステージをきらびやかにしてしまう技は見事である。
華がなければ、ただの文化祭の軽音のステージと遜色ない。でも、すげぇー魅力が満載なのがこのライブ盤の不思議さである。

ポール・スタンレイ(Vo/G)の歌唱は特徴的でおっさんは好きです。ハスキーだが、野太くてよく通る歌声、セクシーヴォイスとでも言うのかな?

スタジオ盤で聴くオリジナルより、魅力は何十倍もライブ盤の方がはるかに上回っています。ご賞味あれ。

D1
① Deuce
② Strutter
③ Got to Choose
④ Hotter Than Hell
⑤ Firehouse
⑥ Nothin' to Lose
⑦ C'mon and Love Me
⑧ Parasite
⑨ She

D2
① Watchin' You
② 100,000 Years
③ Black Diamond
④ Rock Bottom
⑤ Cold Gin
⑥ Rock and Roll All Nite
⑦ Let Me Go, Rock 'n' Roll
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する