個別記事の管理2014-12-26 (Fri)
220px-Tygers_of_Pan_Tang_-_Spellbound.jpg ★★ JP盤

ブリティッシュHMバンドの2ndアルバム

ジョン・サイクス(G)が在籍していたバンドとして有名。

コッテコテのブリティッシュなんだが、どこかアメリカンHRにも通じるところがあるハードドライヴィング・メタルをやっている。
ジョンがいることでわかる通り、ツインギターで弾きまくっているのがカッコいい。
で、正直、おっさんはギタリストでもないのでどっちのギターがジョンかってところまではわかってない、というか聴き分ける能力がない。

疾走感あふれるツインギターリードのリフで押しまくる①Gangland、ここでのソロはジョンかい?⑤Mirrorでは、エモーショナルな泣きのギターを堪能しよう、曲としても珠玉の名曲だと思います。聴いているうちにわかるんだが、どれも決まりきった方程式があるかのように曲構成がイントロ-バース-コーラス-ギターソロというように理路整然とつくられているんだが、どの曲にもそっくりな曲はなく、はっきり個性があって表現の仕方がうまいなぁって思います。⑧The story so farはアメリカンなキャッチーなリフを持っています。⑩Don't stop byはけっこうドラマチックです、でも、コーラスがチープなんだよなぁ~。

次作の「Crazy nights」にもジョンは参加してますが、ちょっとアメリカンナイズされたかなってレビューが多いもんで、おっさんは聴いてません。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する