個別記事の管理2015-04-23 (Thu)
220px-Welcome_To_My_Nightmare.jpg ★★★ US盤

シアトリカル・ロックの帝王の8thアルバム

前作「Muscle of Love」は見事にコケたとされていて、おっさんも持ってない。
前々作「Billion Dollar Babies」まで快進撃を続けていただけにこれじゃいけないと思ったんでしょう、バンドメンバーも一新した。
前作は何がいけなかったんだろうか?
プロデューサーにジャック・ダグラスを起用していたが、今作ではボブ・エズリンに戻している。
この後、ジャックAEROSMITHとのコンビで一世を風靡するんだから世の中わからんことだらけだ。

このアルバムからALICE COOPERはバンドではなく、アリス・クーパー(Vo)のソロとして、その時の旬なミュージシャンを起用することになっていく。
今作から11th「From the Inside」まで(14th「Zipper Catches Skin」と15th「Dada」で復活)の作曲面で貢献するのはディック・ワグナー(G)であって、その他のバンドマンは誰でもいいのである。
今作より10th「Lace and Whiskey」まで長くバンドに在籍することになるスティーヴ・ハンター(G)なんて、1曲も曲作りに参加していない。
80年代にKING CRIMSONのメンバーとなるトニー・レヴィン(B)がバンドメンバーになったんだから、この人を作曲面で起用すればよかったのに、って思うんだけどなぁ。この時はトニーの才能を見抜けなかった、とか?

一応、コンセプトアルバム。序章にふさわしい曲、①Welcome to my nightmareで幕を開ける、最近、映画「羊たちの沈黙」に登場するレクター博士のスピンオフ・ドラマ「ハンニバル」を観てるもんだから、妙にマッチするんだな、これが。②Devil's food が終わると、恐さを演出する長い長いナレーション(映画俳優ヴィンセント・プライスが担当)が始まり、高揚感がピークになったと同時に③The black widowがスタート、この流れは完璧だ。④Some folks は短い曲なのに場面展開に変化があり、まるでミュージカルのようだ。⑤Only women bleed は名バラード。⑥Department of youthでは、少年少女合唱団のような子供たちのコーラスが聴かれるが、これって機械音だろうか?⑦Cold ethyl は明るめのアメリカンHR。⑧Years ago からはまた不気味さが漂う曲が連なる。⑧で母親役が“Steven, Come home.”と叫ぶと、アリスがスティーヴン役になりきって⑨Steven が始まり、“I don't want to see you go.”としゃべっている。一体、スティーヴン少年に何があったんだ?⑩The awakening、少年は気づくと地下室で目覚めている。そして、最後はすべてが吹っ切れたかのような明るい曲⑪Escape で終わる。あまり物語を追求することなくアッケらかんとしているのはアメリカっぽいよな。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する