個別記事の管理2014-07-16 (Wed)
220px-Iron_Maiden_-_Live_After_Death.jpg ★★★ 95リイシューUS盤

IRON MAIDENはライブバンドである。ぜひ、ライブに足を運んでほしい。
日本のマーケットは若年層が開拓されてないという理由でツアーからはずされることが多々ある。
彼らももう年なんで、あと何回日本に来るかな?

ライブバンドでありながら、ライブアルバムが一昔前まではこれしかなかった。
ゆえに、当時のキッズにしてみたら、重宝されたライブアルバムであり、サウンドプロダクション、演奏、臨場感すべてにおいて良好なアルバムだったのでメタル界では名盤扱いされていた。
おっさんもそうだった。過去形になってしまうのは、最近、ツアーごとにライブ盤を出すようになって軒並み標準以上のクオリティのライブ盤を出すようになったからである。

ひとつだけ文句を言えば、どうもブルース・ディッキンソン(Vo)の出来がイマイチなんですよね。
ツアー疲れでのどを酷使したためなんでしょうか、かったるそうに歌ってるんですよね。
他のライブ盤と聴き比べるとよくわかると思います。

D1-① Aces High
D1-② 2 Minutes to Midnight
D1-③ The Trooper
D1-④ Revelations
D1-⑤ Flight of Icarus
D1-⑥ Rime of the Ancient Mariner
D1-⑦ Powerslave
D1-⑧ The Number of the Beast
D1-⑨ Hallowed Be Thy Name
D1-⑩ Iron Maiden
D1-⑪ Run to the Hills
D1-⑫ Running Free

D2-① Losfer Words (Big 'Orra)
D2-② Sanctuary
D2-③ Murders in the Rue Morgue


おっさんが所持してるのはリイシュー盤であって、リマスター盤とはDisk2の曲目がぜんぜん違ってます。
リマスター出すなら過去と統一するか、追加するかにして欲しかったよね。

このライブ盤は音質も音圧も問題ないので、リマスターに買い直す予定はありません。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する