個別記事の管理2015-06-24 (Wed)
Kansas_-_Two_for_the_Show.jpg ★★★ 08リマスターUS盤

77年から78年に行われたワールドツアーの模様を捉えたライブアルバム

やっぱり、演奏技術の高いバンドのライブってのは気になる。
当初、旧盤でコレクションしてて、ライブでのオリジナル盤再現技術の高さに満足していたが、それ以上にグッとくるものはなかった。
なぜかと言えば、それは選曲だろう。

D1-① Song for America 「Song for America」
D1-② Point of Know Return 「Point of Know Return」
D1-③ Paradox 「Point of Know Return」
D1-④ Icarus - Borne On Wings of Steel 「Masque」
D1-⑤ Portrait (He Knew) 「Point of Know Return」
D1-⑥ Carry On Wayward Son 「Leftoverture」
D1-⑦ Journey from Mariabronn 「Kansas」
D1-⑧ Dust in the Wind 「Point of Know Return」
D1-⑨ Lonely Wind 「Kansas」
D1-⑩ Mysteries and Mayhem 「Masque」
D1-⑪ Excerpt from Lamplight Symphony 「Song for America」
D1-⑫ The Wall 「Leftoverture」
D1-⑬ Magnum Opus 「Leftoverture」

KANSASの傑作は何と言っても、「Leftoverture」なわけで、このアルバムからは全曲ライブヴァージョンを聴いてみたい。
旧盤では14曲中、3曲しかプレイしていなかった。
このツアーは「Point of Know Return」発表後のツアーだから、そうなるのも当然だろう。

そして、ライブ盤発表30周年のアニヴァーサリー・エディションが出た。そりゃ、買うでしょ。
曲数が24曲になって、「Leftoverture」から5曲選曲されたわけだ。
あんま、変わんねぇじゃん。だから、「Leftoverture」ツアーじゃないんだってば。

じゃあ、「Leftoverture」ツアーはどうだったかというと、あまり記録がないんだが、6曲しか選曲されてなかったみたいだ。
元々、傑作からプレイされることは少なかったみたいですね。

30周年記念盤で追加された曲は以下の通りだ。

D2-① Hopelessly human 「Point of Know Return」
D2-② Child of innocence 「Masque」
D2-③ Belexes Kansas
D2-④ Cheyenne anthem 「Leftoverture」
D2-⑤ Lonely street 「Song for America」
D2-⑥ Miracles out of nowhere 「Leftoverture」
D2-⑦ Drum solo-The spider 「Point of Know Return」
D2-⑨ Down the road 「Song for America」
D2-⑩ Sparks of the tempest 「Point of Know Return」
D2-⑪ Bring it back 「Kansas」

要するに、Disk2 がD2-⑧Closet chronicles を除いて、まるまる追加分ということだ。
2枚組はあまり好まない方だが、揃えないわけにはいかないでしょ。ねぇ?

プログレバンドではあるんだが、そんなにインプロヴィゼーション的なプレイをしているわけではありません。
そういうのに期待しちゃうと肩透かしを食らいますが、各々のソロではなかなか面白いプレイをしてますんで、一聴の価値はあると思います。
いい曲いっぱい持ってますね。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

ずっと聴いていたい * by グラハムボネ太郎
まだ見ぬバンドの一つがカンサスです
とってもとってもよいですよね
プログレだけどアメリカ人だから聴きやすい
私も2枚組買い直したクチです
っていうか、その前はレコードだけど(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する