個別記事の管理2015-10-10 (Sat)
220px-Metallica_-_Ride_the_Lightning_cover.jpg ★★★★ JP盤

アメリカン・モンスターバンドの2ndアルバム

デビューアルバムKill 'Em All」で衝撃的デビューを飾り、スラッシュアルバムの金字塔を打ち立てた後の2ndは、攻撃性を減ずることなくさらなる音楽的幅を広げたものとなった。
ひょっとすると聴きやすい、あるいは受け入れやすいスラッシュアルバムかもしれない。

スラッシュの歴史上、重要なアルバムとして認知され、HM史上においてもMEGADETH「Rust in Peace」と一二を争う名盤として紹介されることもあるくらいだ。

おっさんの好みで言えば、「Kill 'Em All」の方が好きなんだが、やっぱりHM全体を見ると、評価としてはこっちに軍配があがるはず。
まあ、どっちもHMを語る上ではどちらも外せないと言えるでしょう。

METALLICAはただスラッシュソングをガナリ立てるだけのバンドに非ず、作曲センスも抜群だということを世に知らしめたアルバムだと思います。

キレイなメロディが爪弾かれて導かれるのは怒涛のスラッシュソング①Fight fire with fire、ドラミングも速い上に力強い。②Ride the lightningとインストの⑧The call of Ktulu は、元のメンバーであるMEGADETHのデイヴ・ムステインとの共作です。アンセムソングの③For whom the bell tolls は重さと力強さの中に秀逸なメロディが存在する骨太な曲だ、歌メロの素晴らしさが耳を惹く。スラッシュバンドとは思えない珠玉のメロディとギターフレーズで美しいスタートを切った④Fade to black、徐々に邪悪なパワーコードに支配され、慟哭のリフを持った激情ソングへと変貌を遂げていく。⑤Trapped under ice はファストチューン。⑦Creeping deathはハッとするリフワークの宝庫で、これまたアンセムソング、叫べ、叫べ、Die, die, die, ......。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する