個別記事の管理2016-02-20 (Sat)
220px-LonesomeCrowOriginalFront.jpg  US盤

ジャーマン・HRバンドのデビューアルバム

マイケル・シェンカー(G) の足跡を知るがために、彼のデビュー作を聴いてみた。
周囲の評判からすると、到底SCORPIONSとは想えない音像だが、良作というものが大半を占めている。

なるほど、良質なのは間違いないが、なんじゃコリャー!!

おっさんも聴かず嫌いは、身体に毒と思う性質なので、色々漁ってみるが、こんなに後悔したアルバムも珍しい。
名を伏せて、イカしたプログレバンドがドイツにいたんだよって紹介されたら、きっと好きになっていたでしょう。
だって、この音はBUDGIEじゃん。
マイケルもまだマイケル節が花開いてないように聴こえるんだが...。

これでも、SCORPIONSの大切な歴史の1ページなんだろうから、ファンなら文句言わずに聴かなきゃならんかもね。

なんともアフリカンなドラミングからBUDGIE風のねちっこいギターリズムがまとわりつく①I'm going mad、ここで停止ボタンを押すのはまだ早い、そんなあなたは早漏です、マイケルの空間を埋め尽くすリードギターがいいんだから我慢して聴いてちょんまげ。②It all dependsのインストパートでは、インプロヴィゼーション的なプログレジャズみたいなことになってます。③Leave me は、SEを使ったサイケ的なプログレ、この頃はこういうのが流行っていたんでしょうね。そして、名曲④In search of the peace of mind、これを聴くためにこのアルバムを持つなら、ライブアルバムでこの曲を聴いた方がいいんではないでしょうか。⑥Actionなんか、リズムだけ聴くとジャズっぽいよね。⑦Lonesome crowもSEを使ったスペーシーなプログレで13分もの大作、それぞれの楽器に見せ場があるんだけど、弾きまくりたいであろうマイケルのための曲だな。

ウリ・ロートが加入して正解だったと心底思える歴史的瞬間です。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
すこぴーのこのアルバムは一番最後に入手しました、しかも中古で(笑)、本とかのレビューではプログレ風の異色作とか書かれてたんでやっぱり後でいいでしょう・・と。

それより数あるすこぴーのバックカタログからコレ選んだ動機が知りたいですね〜、存在自体が知られてないアルバムというか・・、イン・トランス辺りならまだ分かるんですけど。

不思議なアルバムだと思いますが、一連の作品とかと比べないなら雰囲気のある作品だと思いました。
プリーストのロカ・ローラみたいな存在ですよね。

* by フライヤーズポンタ
まず、自分が所有するものでバンドカタログを見てみると、デビューアルバムが抜けているものが結構あることに気付く。
プリーストもそう。

自分は周囲の評判を参考にカタログを集めているので、当然そうなる。

しかし、そのバンドがどういう歴史を辿ってこういう音楽にたどりついたのかも凄く気になる。
そして、今まで無視していたもので「あ、いけるじゃん!!」ってものに出会えた時の安堵感みたいなものを楽しんでいる。

そういう人ってけっこういると思う。
同じように躊躇している人がいるんだとしたら、自分が紹介することで参考になるんであれば、それまた嬉しい。

YouTubeでアルバムの良し悪しを判断できる便利な時代なんですが、たかがCD、されどCD、出費は必ずあるわけで。

人生は短い。
所有しているCDをあと何回聴けるんだ?と想うと、数十回しかないんじゃないか?って。
だとしたら、効率よく厳選されたものだけ所有しようかなっていう不届き野郎が私なんです。

聴いて無かった! * by グラハムボネ太郎
スコピー好きを自負している私ですが、デビューアルバムを忘れてました(笑)
おっしゃる通り、歴史の始まりを見ずして語るなかれ。
聴いてみますね

* by フライヤーズポンタ
ボネ太郎様

まず、YouTubeで視聴することをおススメします。

おそらく、後悔すると思いますよ。

コメント







管理者にだけ表示を許可する