個別記事の管理2016-04-30 (Sat)
220px-Live_In_The_Shadow.jpg ★★ GER盤

日本公演も含む2006年5月から6月にかけてのワールドツアーを捉えたライブ盤。

メンバーは、デイヴィッド・カヴァデイル(Vo)、直前までDIOにいたダグ・アルドリッチ(G)WINGERレブ・ビーチ(G)、マルチジャンルをこなすユーライア・ダフィ(B)、どこでも行きまっせのトミー・アルドリッジ(Drs)ティモシー・ドルーリ(Key)となっている。

WHITESNAKEのライブアルバムとしては、「Live... in the Heart of the City」以来となる実に26年ぶりとなるものだからして、狂喜せざるには得られなかった。

当初、マルコ・メンドーサがベースのものが音源として使われると言われていたが、ふたを開けてみると、名も知らぬベーシストだったので不安だった。
しかし、今後制作される新作を占うべく重要なスタジオ最新作も数曲収録されるということで、マストバイ的に買ったのを憶えている。
直前の来日公演に足を運んでいたが、音が悪い思い出しかなかったので、CDで聴き直したいという欲に駆られたってのも大きいな。

D1-① Bad Boys
D1-② Slide It In
D1-③ Slow an' Easy
D1-④ Love Ain't No Stranger
D1-⑤ Judgement Day
D1-⑥ Is This Love
D1-⑦ Blues for Mylene
D1-⑧ Snake Dance
D1-⑨ Crying in the Rain
D1-⑩ Ain't No Love in the Heart of the City
D1-⑪ Fool for Your Loving
D1-⑫ Here I Go Again
D1-⑬ Still of the Night

D2-① Burn - Stormbringer
D2-② Give Me All Your Love
D2-③ Walking in the Shadow of the Blues
D2-④ The Deeper the Love
D2-⑤ Ready an' Willing
D2-⑥ Don't Break My Heart Again
D2-⑦ Take Me with You
D2-⑧ Ready to rock
からD2-⑪ Dog までの4曲がダグとの共作による新曲ということになる。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
マルコさんのベースは大好きです、弾き方もかっこいいし。

ホワイトスネイクは2011年には岡山で観てますが、デヴィッドさんは高音とかレブさん(上手い!)に任せてました、あと1回くらいは観たいですね、毎日のようにツイッターで面白い事言ってますが、デヴィッドさん・・・。

* by フライヤーズポンタ
トニー・フランクリンは観たんで、マルコを一度観ておきたかったんですよねぇ。

でも、ユーライアって人もけっこう良かったんで驚きました。

コメント







管理者にだけ表示を許可する