個別記事の管理2017-03-04 (Sat)
220px-Primalfear1998.jpg ★★ JP盤

独産パワーメタルバンドの1stアルバム

GAMMA RAYを脱退したラルフ・シーパース(Vo) とSINNERの親分マット・シナー(B)が組んだプロジェクトバンド。

ロブ・ハルフォードが脱退したJUDAS PRIESTのオーディションをラルフが受けていたことはあまりにも有名な話。

そのオーディションに落選した結果生まれたプロジェクトなのかどうかは知りませんが、この後もコンスタントにアルバム制作を続け、マットもこっちに本腰を入れるようになっちゃうんだから、二人のケミストリーは良好に作用し、相思相愛の絆みたいなのがこの時から芽生えていたんでしょう、きっと。

ただ、ライナーノーツを読む限り、実はラルフが接近したのはトム・ナウマン(G) の方であって、ついでにマットを誘ったというのが実話だったらしい。
想像とは勝手に解釈されるもんで、それを活字にしたものがインターネットで曝されるわけだから、実に信憑性がないものだとわかりますね。
他人の戯言を鵜呑みにするのは実に怖い。とくに、おっさんのこのブログ、ウソだらけだったりして...。

ラルフの元さやと独産バンドであるということで、いわゆるHELLOWEENフォロワー的なジャーマンメタルを想像しちゃいますが、どちらかというとACCEPT型の鋼鉄メタルです。

① Primal Fear
② Chainbreaker
③ Silver & Gold
④ Promised Land
⑤ Formula One
⑥ Dollars
⑦ Nine Lives
⑧ Tears of Rage
⑨ Speedking
⑩ Battalions of Hate
⑪ Running in the Dust
⑫ Thunderdome


なんと、ゲストミュージシャンとしてGAMMA RAYのカイ・ハンセン(G) がギターソロをプレイしている曲があります。

みんな、仲いいですね。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
私が知ってる感じだとプリーストに落ちたラルフさんを見かねてマットさんが声をかけた~みたいな事言ってるインタビュー読みましたけど、正確なところはちょっと分かりませんね。

ついでと言うには作曲能力あり過ぎなミュージシャンなんで大物が釣れたっていう感じでしょうか?。

そういえばシナーの方ももうすぐ新作が出るんで楽しみです。

* by フライヤーズポンタ
何れにせよ、マットもラルフもメタル界には居なくてはならない存在ですよね。
その二人が今後も鋼鉄魂を世に送り出し続けてくれることを願ってやみません。

さすが某音さん、SINNERの方もご所望とは。
SINNERはACCEPTの次にジャーマン鋼鉄軍団としては古い存在ですからね。
って、自分は1枚も持ってないんですが...。

コメント







管理者にだけ表示を許可する