個別記事の管理2014-08-25 (Mon)
220px-Megadeth-SoFar.jpg ★★★ US盤

アメリカン・スラッシュバンドの3rdアルバム

MEGADETHのアルバムの中では評価が二分するアルバムなのかな?
つくった本人デイヴ・ムステイン(Vo/G)もお気に入りのアルバムではないらしい。
が、ツボを押さえたスラッシュ四天王の中では最も聴きやすい、とっつきやすい良質なアルバムだと思ってます。

おっさんがMEGADETHと出会ったのは、「METAL HAMMER」だったかな?ビデオマガジンみたいなのが昔あって、MOTLEY CRUEをチェックしようと思ったら、イッちゃってる顔をしたタバコの煙を燻らせているアブナイD・ムステインのインタビューと⑥In my darkest hourを演奏するシーンを観て衝撃を受けたときだったと思います。たしか、METALLICAより先に出会ったと思います。
メタラー習い始めの人は、このアルバムを聴けばその衝撃度合がわかると思います。

幕開けのファンファーレのようなギターが小さ目に入ってくる①Into the lungs of hell、バンドのでかい音が乗っ取って次にくるのは怒涛のギターソロ(?)、これデイヴが弾いてると思うんだけどのっけから凄い技を魅せつけてくれる、MEGADETH版“The ides of march”といったところか。曲が終わるとラジオからハワイアンのような曲が流れてきて遠くの方からミサイルがやってくる音がかすかに聞こえ、ズドーンと命中、その音に重ねるようにギターリズムが刻まれてバンドが入ってくる②Set the world afire、これ真珠湾攻撃じゃないよね?③Anarchy in the U.K.は言わずと知れたSEX PISTOLSのカヴァー、ここに入れちゃうの?ダメよ、ダメダメ、そこはダメェ~ッ。アハーン、デイヴったら...。リマスター盤では最後に持ってくとかいう優しい配慮はあったかな?(調べたら、リマスター盤もこの曲順ですな。)④Mary Janeはタイトルからは想像つかないゴツゴツのメタル曲。⑥In my darkest hourはおっさんにとってのメタルアンセム、ライブでは冒頭からデイヴのマイクを乗っ取って会場全体で大合唱するんだけど、できますか?上昇フレーズのソロとリフ&リズムが印象的で頭に残りますよね、もう王道そのものです。⑦Liarはノッケからツインギターによる鋭い爪で掻き毟られるようなシャープなリフが襲い掛かります。⑧Hook in mouthはツインギターの息の合った速いフレーズが見事で、彼らが四天王中もっとも技巧派とされているのがよくわかる曲だと思います。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する