2018/04/01

SCORPIONS 「In Trance」

In_Trance_(Scorpions_album_-_cover_art).jpg ★★ 90リマスターUS盤

独産HRバンドの3rdアルバム。

キショいプログレバンドとしてデビューしてから2nd「Fly to the Rainbow」で美麗なHRバンドとして活路を見出したバンドがどこに進むんだってことだが、今作からプロデューサーにディーター・ダークスを起用して名作をどんどん産んでいくこととなる。

ディーターがエンジニアとしてクレジットされるのは69年に遡るので、SCORPIONSと仕事をして一躍名前を売ったことに間違いはないんだろうが、以前から多くの仕事をこなしていた生粋のエンジニアだったということだ。

前作ではまだ長尺の曲があって、曲構成に拘るような場面もあったが、こっからはHR野郎バリバリになっていくんだな。

特に、前作より加入したウリ・ロート(G) ひとりのペンによる曲なんかは前作の中では妖しさ満点で、そういう意味では前衛的なバンドっぽさもあったような気がします。今回からは、マイケル・シェンカーの関与がなくなったことにもよるんでしょうが、ウリ単独作ソングが4曲もある。

美旋律の神マイケルが抜け、ギター仙人ウリが乗っ取ったこのバンド、うーん、どんな感じになるんでしょう?

さあ、早速聴いてみよう。

妖しい雷鳴のようなSEから狂ったギター音が劈く①Dark lady、そんな中にもダブルギターで美しいメロディを奏でるあたりはいかにもドイツっぽい、唄うのはウリ仙人なんだが、そこはしっかりHRしてる、この1曲でノックアウトされなかったら、このバンドにはきっとついていけません。対局をなす美しさを誇る②In tranceクラウス・マイネ(Vo) の美声にうっとりするしかないでしょ、セルフハーモニーでも堪能してくださいよ。③Life's like a riverコリナ・フォートマンという人のクレジットがあるが、この人はディータ―の奥さんだそうです、ただ、作詞なのか作曲なのか何に関わってるのかは知りません。④Top of the bill の狂気じみた唄いっぷりには度肝を抜かれること間違いなし、そりゃ、のどを痛めるのも無理はないでしょうに。⑦Evening windウリ仙人の真骨頂、クラウスの歌に負けじとギターでも唄ってます。今作2曲目のウリがリードヴォーカルを取る⑧Sun in my hand は前作の“Drifting sun”路線って言ってもいいのかな?だって、ジミヘン好きの仙人だってことも忘れちゃいけませんぜ。UFO型HR⑨Longing for fireでのギタープレイなんかマイケルっぽいんだけど、まさか、ウリマイケルを意識したとも思えないし、このそっくり感はなんなんでしょ?⑩Night lightsウリ作の静か目なインストです。

うーん、まだどっちに振れたともはっきり言えないアルバムなのかな?




コメント

非公開コメント

No title

これだけ沢山のアルバムを出してきたバンドだとどの作品もそれなりに好きな人が居ると思われますが、このアルバムは2000年代に入るまで良さが理解できませんでした。

当然リアルタイムで聴いた80年代の作品が一番好きで、90年代、00年代も悪くないのでお金の都合もあってこの作品を聴く機会が無かったのかもしれません。

今の若い人はSpotifyでタダで聴けるので羨ましい時代になりましたよね~。