個別記事の管理2017-04-01 (Sat)
220px-Aerosmith_Pump.jpg ★★★★★☆ JP盤

米国HRバンドの10thアルバム

前作「Permanent Vacation」でHR/HMの世界に誘われたおっさんだが、それは発売後に聴いたアルバムだったので、正確に言えば後追いだった。
今作こそがリアルタイムで発売解禁日を今か今かと心待ちにしたアルバムだ。

聴けば期待以上の出来で、こんなにもセクシーかつ野性的でHRスターのオーラを放ちまくるアルバムがあるもんかと驚愕し、ぶったまげることしきりなのである。
もう、エアロファンとしてオフィシャルで出てるものはすべて欲しくなってしまった。

そんなこんなで出会った逸品がVHS「The Making of PUMP」である。今現在、DVD化されてるかどうかは存じ上げないが、今作のメーキング映像をドキュメンタリーで描くムービーものだ。
ただのドキュメンタリーなんだが、暇さえあればそのビデオを観てエアロというバンドのケミストリーに感心することしきりだったのを今でも覚えている。



プロデューサーのブルース・フェアバーンが同席するスタジオで各メンバーがスティーヴン・タイラー(Vo) にリフやフレーズなどを聴かせつつ、それに合わせてスティーヴンがメロディーを乗せていく。曲ができていく過程が手に取るようにわかるのである。
これを観れば、このバンドにとっていかにスティーヴンが必要で、誰かひとりでも欠ければエアロというバンドは成立しないというのがよくわかる。

とは言いつつ、世の中は非情で、誰かがいなきゃいけない世界というのは存在しないし、地球は回り、時は刻まれていく。

カントリーをやるスティーヴンも充分素敵だ。ジョー・ペリー(G)だってソロ作を何枚も出している。

今作みたいなアルバムをもう1枚とは言わない。せめて、あと数枚はエアロ名義でアルバムを出してください。
で、で、で、どうやら、アルバム制作に結び付くかどうかはやってみなきゃわからんらしいが、スタジオ入りしてみるというニュースがこの記事を書いている時点で飛び込んできました。ま、期待して待ってましょ。

① Young Lust
② F.I.N.E.
③ Going Down/Love in an Elevator
④ Monkey on My Back
⑤ Water Song/Janie's Got a Gun
⑥ Dulcimer Stomp/The Other Side
⑦ My Girl
⑧ Don't Get Mad, Get Even
⑨ Hoodoo/Voodoo Medicine Man
⑩ What It Takes
⑪ Ain't Enough


昔、エアロをこよなく愛していたおっさんの想いをのせて今回は全アルバムの好き度をランキング形式でここで残しておこうっと。

220px-Aerosmith_Pump.jpg 10th  220px-Aerosmith_-_Rocks.jpg 4th  220px-GetAGrip_Aerosmithalbum.jpg 11th  220px-Aerosmith_-_MFAD.jpg 14th
    220px-Aerosmith_-_Permanent_Vacation.jpg 9th  220px-Aerosmith_-_Toys_in_the_Attic.jpg 3rd  220px-AerosmithDrawtheLinealbumcover.jpg 5th
    220px-Aerosmith_-_Nine_Lives_(original).jpg 12th  220px-Aerosmith_-_Rock_in_a_Hard_Place.jpg 7th  220px-Aerosmith_-_Get_Your_Wings.jpg 2nd
    220px-Aerosmith_-_Aerosmith.jpg 1st  220px-Aerosmith_-_Night_In_The_Ruts.jpg 6th  220px-Aerosmith_-_Just_Push_Play.jpg 13th
    220px-Aerosmith_Done_With_Mirrors.jpg 8th
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
そういえばそんな感じのメイキングがビデオで出てましたね、この頃のVHSはやたら価格が高くて買えませんでしたけど。

この辺の作品って70年代全盛期より売り上げが凄かったんでしたっけ?。

ランキングは私もほとんど同じ感じですよ、パーマネント・ヴァケイションがもうちょっと順番が上がってドロー・ザ・ラインがゲット・ア・グリップと入れ替わるくらいです。

* by フライヤーズポンタ
たしか、VHSは4800円くらいじゃなかったかなぁ?
はっきりと覚えてません。

うおー、ゲップよりドローの方が上いきますか。なるほど。
ドローってそんなに山谷のない平行線的なアルバムですが、1曲1曲のパワフル感がビシビシくるんですよね。
それこそロックスに比肩しうる存在なんです。その気持ちよくわかりますぅ~。

さすがです!!

コメント







管理者にだけ表示を許可する