2017/12/23

MANOWAR 「Hail to England」

220px-ManowarHailtoengland.jpg ★★ JP盤

アメリカンパワーメタルバンドの3rdアルバム。

アメリカのバンドだが、ファンが多くいるのはヨーロッパであって、バンドが消滅した後もそれは変わらないでしょう。
彼らは、コッテコテのパワーメタルであって、豚骨ラーメンよりギトギトしたそのメタル度の音楽性からは頷ける現象だ。

昨今流行りのヴァイキングメタルとか、ナンとかメタルって連中はきっとみんなMANOWARをリスペクトしているに違いない。

北欧の海賊伝説や中世において戦国時代を経験した土地の西欧人(東欧も含むのか?)なんかは土地柄や歴史観もあるんだろうが、MANOWARが居なかったら、ああいう音楽を創造できなかったんじゃなかろうか?っていうのは言い過ぎか?おっさんの知らなさすぎか?

日本も範囲は狭いが、武士という由緒正しき大義名分の名のもとに他国を乗っ取る戦国時代があったのに、こういう音楽は出て来ないのかね?SABATONなんかに盗られちゃって、おっさん悲しいよ。


それは置いといて、ヨーロッパの中でも、デビュー以降、初期の彼らを支えていたのは中でもイギリスであったらしい。

この記事を書いている時点で、フェアウェルツアーとして開催が告知されている場所はドイツを中心にその周辺国だけだ。

バンド中期以降はドイツが旗頭みたいな役割を果たしているのを考えると、今作のアルバムタイトルは意外なようにも想える。

イギリスにおける人気ぶりがどの程度だったのか想像もできないが、次作「Sign of the Hammer」からはイギリスが拠点のVirgin傘下の10 Recordsと契約を結ぶことになる。

ファンのことを常に考えるバンドのおもてなしとしての「Hail to England」、彼らのキャリアを考えるうえで、この気遣いが功をなしたと言っても過言ではないだろう。

前作「Into Glory Ride」も大仰な曲が大半を占めたが、今回も1曲目①Blood of my enemiesから大仰の王道をいく曲で幕が上がります。

MANOWARの音を特徴づけていたのは、なんといってもピッコロベースをロデオ馬のように使いこなすジョーイ・ディマイオ(B)のベースプレイだったわけだが、今作ではさらに自己主張を増幅させたと言えるだろう。
ギターに勝るとも劣らない速さのピッキングとフィンガリングを操り、コード弾きとアルペジオ、速弾き等の技術を駆使して曲の主役を握ってしまうかのような邁進ぶりは頂点を極めた気がします。

そして、前作にはなかったジョーイのベースソロソングが⑥Black arrowsのインストソングとしてフューチュアされてます。

① Blood of my enemies
② Each dawn I die
③ Kill with power
④ Hail to England
⑤ Army of the immortals
⑥ Black arrows
⑦ Bridge of death



コメント

非公開コメント

No title

マノウォーのこのアルバムは何故か持ってません。
主に80年代後半からメタルを聴き始めたんでその時にはCDが入手できなくてそのまま忘れてた~みたいな感じです。

とは言ってもこのバンドは好きなんでそのうち聴けるかな~って思ってます。

No title

残念。
なぜか、Spotifyには入っておりません。

YouTubeで聴いてみてね。