2018/01/31

GARY MOORE 「Rockin' Every Night」

220px-RockinEveryNightLiveinJapan.jpg ★★ US盤

83年1月、新宿厚生年金会館でのライブ。「Corridors of Power」ツアーでの来日公演。

ゲイリー・ムーア(Vo/G) のライブは固定のバンド形式を取らないために、毎回、ゲイリーwithフレンズのような形になるんだが、こんときのライブのメンツも凄い。

ヴォーカルは、それまでURIAH HEEP「Conquest」、UFO「The Wild, the Willing and the Innocent」で足跡を残していたジョン・スローマン(Vo)

WHITESNAKEのニール・マーレイ(B)イアン・ペイス(Drs) がリズム隊に加わり、キーボードはお馴染みドン・エイリー(Key) となっていた。

82年からスタートしたこのツアーは、イギリス国内を中心にサーキットを廻ってから日本にやって来る形となっている。
日本を離れた後もヨーロッパと北米を廻っているようだから、当時としてはビッグインジャパンという感覚ではなかったようだ。

いやぁー、ゲイリーが若い。ギターヒーロー然りとした尖がったプレイが満喫できます。
他のプレイヤーもゲイリーを邪魔することなくしっかりとしたプレイをそつなくこなしており、安心して聴いてられます。
ただ、ジョンの声がちょっと出てないかもしれません。ゲイリーがヴォーカルを取った方がぜんぜん聴けますな。

当日のセットリストは以下のような感じだったようです。


① End of the World
② Wishing Well
① Rockin' Every Night
④ Cold Hearted
④ Nuclear Attack
③ I Can't Wait Until Tomorrow
⑦ Always Gonna Love You
⑧ Hurricane
⑤ White Knuckles
⑥ Rockin' and Rollin'
⑦ Back on the Streets

⑫ Parisienne Walkways
⑬ Higher Ground (or) Don't Take Me for a Loser
⑧ Sunset
⑮ Gonna Break My Heart Again


MCでランディ・ローズに捧ぐって言ってプレイしたは特に悶絶するようなプレイではないので、“Parisienne walkways”を入れてくれた方がぜんぜん良かったなぁ。でも、ライブ盤の多い時期だから、ダブりをなくす意味でもこれでよかったんでしょう。




コメント

非公開コメント

No title

久々に聴きましたね。この頃のゲイリーは明らかにHRスタイルを追求していた頃だからギタープレイもかなり激しい印象ですよね。
当時のライブ映像をCSで観た事ありますけど、イアン・ペイスのプレイが素晴らしかったですね。
でも私はやっぱ「WILD FRONTIER」の頃が一番好きだったなあ~(笑)。

No title

ゲイリーのスタジオアルバムなら「Corridors of Power」の方が好きなんですよねぇ。

なんで、みんな「Wild Frontier」の方が好きなんでしょう?
もう何度か聴いてから生涯を終えた方が良さそうだな。って、大袈裟ですが...。

No title

ゲイリーさんのソロは全部聴いてる訳では無くて、これは聴いてませんでした。
実は私もワイルド・フロンティアか一連のブルーズ系作品の方が好きですが(笑)、この頃のゲイリーさんも良いですね~。
それにしてもニール・マーレイさんってどこでも出没しますが関わった作品一覧を作ったら凄そう・・・。

No title

そうそう、そうなんです。
これを聴くきっかけになったのがニール・マーレイの存在だったんです。

WHITESNAKEからニールのプレイが凄く気になって、ゲイリーに入り、BLACK SABBATHに入りって感じでした。

でも、ニールはやっぱり全部追うには出没頻度が多すぎますな。