2018/07/15

PRIMAL FEAR 「Black Sun」

220px-BlackSunPF.jpg ★★ GER盤

独産パワーメタルバンドの4thアルバム。

前作「Nuclear Fire」でバンドの認知が一段上へと着実に登りつつ、今作で世界的認知が決定的になったんじゃなかろうか?

セールス的なことはさっぱりわかりませんが、今作を携えたツアーでは、HALFORDと一緒にMetal Gods Tourなるものを北米でサーキットしている。

っていうことは、ラルフ・シーパース(Vo) が単なるロブ・ハルフォードのモノマネではなく、メタル継承者として本家から認められたということだ。そんなに大袈裟なことではないと思いますが、やってる本人たちは歓喜したに違いありません。

2017年に発表されたライブアルバム「Angels of Mercy」でもスタートの合図として使われた①Countdown to insanityで幕を開ける今作はコンセプト作だそうです。

前作でJUDAS PRIESTへのオマージュを散々に見せつけただけに、今作でそんなことをする必要はまったくなく、正統派ドイツパワーのオリジナリティが保たれている好作だと思います。

ただなんとなくですが、コンセプトであることに縛られてしまって、アルバムのまとまり感を保つためにメロディアスであることに注意を払い過ぎているような節が見受けられます。幾分ですが、バラエティさの振り幅もあるだけに、コンセプトにこだわる必要もなかったのかなって気がします。だから、前作よりは迫力に欠けるのよね。

②Black sun から④Lightyears from homeまでメロスピ的な曲が続き、⑤Revolutionでは、このバンド特有のACCEPTとJUDAS PRIESTを足して二で割ったようなパワーソングがやってきます。そして、スラッシーでもある⑥Fearなんかの流れは前作でもあったよね、HALFORDのマイク・クラシアクがゲスト参加してるそうです。⑨Mind machineはHALFORDのアルバムに入ってても違和感のない曲で、コンセプト性を持った今作中では逆に違和感がないだろうか?これ単体だと、すんげぇカッコいいHMソングなんだけどね。ミドルテンポの⑩Silenceなんて、メロディアスソングの最たるものでしょう。妖しい雰囲気を醸しだす⑪We go down は曲構成がっていうんじゃなくて、唄い方がロブ流でプリースト直系ソング。コンセプト作だから最後⑬Controlled はメロウに終わるのかなって思いましたが、ゴリゴリの硬質メタルで疾走昇天します、結局、何がしたかったんだろうな?ってならない?




コメント

非公開コメント

No title

このバンド、相当お好きなようですね~。
メタルに興味ない人はこのバンドとかアルバム全部同じに聴こえる典型みたいな感じなのに(笑)、私も時々この曲はどのアルバムだっけ?ってなってしまったり・・・。

確かにちゃんと聴くとアルバム毎に確実に進化してますよね(ラルフさんの頭はどんどん薄くなってますが)。
私もこういうの大好きなんで普通にアルバム全部売らずに手元に残ってますよ、特にこのアルバムとアンブレイカブルの2枚はリピート率が高かったりします。

No title

今のところ、「Unbreakable」は最も「これいらねんじゃね?」的アルバムとなっとります。