個別記事の管理2017-08-05 (Sat)
Nymphetamine_cover.jpg ★★ JP盤

英国産エストリームメタルバンドの6thアルバム。

前作「Damnation and a Day」から大きくメンバーチェンジはないが、新たに無名のジェイムス・マッキロイ(G) がオーディションの末、新メンバーとして迎えられた。
ちなみに、彼は、今作だけで一度バンドを離れるが、数年後に出戻りすることとなります。まあ、メインのギタリストはポール・アレンダー(G) なわけで、どうでもいい話ですけどね。

前作では、オーケストラと混声合唱団との共演を果たし、シンフォニックなエクストリーム世界をコンセプトアルバムとしてとことんやり遂げたわけだが、おっさんにとっては冗長過ぎた。

今作はタイトルに沿ったストーリー性はないそうである。

ただ、①Satyriasisが始まるや、思わせぶりなイントロにナレーションが入るというストーリーアルバムのような入り方をするあたり、ドラマチックなアルバムが聴けることを予感させてくれる。

ライナーノーツをパクると、

『今作はCoFにしてはダイレクトでストレートなHeavyMetal 作品に仕上がっており、過去数作の延長線上にあるものを予想していた人たちには驚きをもたらすはずだ。』 とある。

確かにHeavyMetal ソングが居並ぶが、曲単位でみると、曲構成に起伏があり、実に表情豊かな楽曲が並ぶ。

以下に、ダニ・フィルス(Vo) が曲の印象を語っているので、それらを参考にアルバムの表情を想像してみましょう。

① Satyriasis
② Gilded Cunt
  SEPULTURAとTERRORIZERからインスパイア。
③ Nemesis  AT THE GATES meets JUDAS PRIEST meets MORBID ANGEL.
④ Gabrielle  SLAYER風
⑤ Absinthe with Faust  「Master-」時代のMETALLICAっぽい。
⑥ Nymphetamine (Overdose)
⑦ Painting Flowers White Never Suited My Palette
⑧ Medusa and Hemlock
  3rdの曲がDESTRUCTIONとDEATHに出会ったような曲。
⑨ Coffin Fodder  初期IRON MAIDENを思わせる。
⑩ English Fire  MANOWAR meets CATHEDRAL
⑪ Filthy Little Secret  MERCYFUL FATE meets MOTORHEAD.
⑫ Swansong for a Raven
⑬ Mother of Abominations
  EMPERORにインスパイア。
⑭ Nymphetamine (Fix)
⑮ Bestial Lust (Bitch)



祝LOUD PARK 17出演!!
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
クレイドルの曲って聴けば聴くほどアイアン・メイデンに影響されてるな~って思う瞬間が多くて、ブラックメタルの皮をかぶった正統派メタルだと思います(Voは除く)、メンバーさんが交代してもこの雰囲気は変わんないんでダニさんの趣味なのかも?。

この時のギターはポール・アレンダーさんでしたか、もうこのバンドのメンバーさんは誰が居て誰が居なくなってるのか分かんなくなってますが(笑)、ちなみにポールさんは一度90年代半ばにに脱退してアナシマのVoだった人とブラッド・ディヴァインって言うゴシックメタルのバンド結成されてます、このバンドは凄く好きでした。
https://www.youtube.com/watch?v=iOs76Y1iPDU

* by 管理人
ポール・アレンダーがゴシックメタルですか。

やっぱ女性ヴォーカルだったりします?

ご紹介ありがとうございます。さっそく聴いてみます。

コメント







管理者にだけ表示を許可する