個別記事の管理2017-07-15 (Sat)
220px-Rock_and_roll_over_cover.jpg ★★ 96リマスターJP盤

アメリカンHRバンドの5thアルバム。

前作「Destroyer」ではプロデューサーにボブ・エズリンを起用して、アーティスティックな一面を魅せたKISSであったが、今作では、「Alive!」で一緒に作業をしたエディ・クレイマーと再びタッグを結び、ハードドライヴィングな一面を強化すべくスタジオ入りしたようだ。

スタジオ入りとは嘘で、実際にはとある劇場のステージに機材を並べて、コンサートをしてる雰囲気の中で録音されたらしい。
いかにも、エディらしいアイデアではないか。

そのことが功を奏したアルバムと言えるだろう。

ビックリするくらいにしっとりとアコギの調べに寄り添いつつ朗らかに唄いながらアルバムが①I want youでスタートするもんだからハッとするんだが、すぐさまゴリゴリのHRソングへと装いを変えてこれまた度肝を抜かされる、名盤になる予感を与える序曲となっている。

後は、カーステをガンガンにかけまくりながら高速をぶっ飛ばして聴いてくだされ。爽快でっせ。

① I Want You  リードヴォーカル:ポール・スタンレイ(Vo/G)
② Take Me  ポール
③ Calling Dr. Love  ジーン・シモンズ(Vo/B)
④ Ladies Room  ジーン
⑤ Baby Driver  ピーター・クリス(Drs)
⑥ Love 'Em and Leave 'Em  ジーン
⑦ Mr. Speed  ポール
⑧ See You in Your Dreams  ジーン
⑨ Hard Luck Woman  ピーター
⑩ Makin' Love  ポール
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (1) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
これは結構好きな作品です。
最初はそんなに好きじゃなかったんですが、一通り他のアルバムを聴いた後で改めて聴くとじわじわと良さが出て来るみたいな?。

ハード・ラック・ウーマンが特に良いですね。

コメント







管理者にだけ表示を許可する