個別記事の管理2014-09-30 (Tue)
220px-AliceCooperWelcome2MyNightmare.jpg ★★ EU盤

アメリカン・ショックロックの帝王の26thアルバム

はっきり言おう。
おっさんにとってアリスはコミックバンドであり、良質な音楽をステージでプレイしながらアリスを演じるコメディアンなのである。
08/03/25新木場スタジオコーストでの来日公演は感動したし、思いっきり笑かせていただいた。アリスは真のエンタテイナーだ。

肝心のこのアルバムだが、結論から言えば、ごった煮的アルバム
聴いててやっぱり笑っちゃうことの多い、アリスのセンス全開のアルバムだと思います。
アリスは時代に合わせた楽曲をその時の旬なプロデューサーとソングライターを起用して自分色に染めることが上手い人なのである。
プレイするメンバーは上手ければ誰でもいい。
そのアルバムを引っ提げて、過去の名曲と織り交ぜたステージであとは面白おかしくアリスを演じればそれでいいのである。
本人はたぶんいたって真面目に自分の分身アリスを演じてると思います。

アリスの傑作とされる「Welcom to My Nightmare」の続編なんだろうから、随所に傑作の断片を織り交ぜる。①I am made of you、いきなりあの傑作のメロディがピアノで奏でられ、ハッとし、アリス特有のダミ声とは違ったソフトな歌い方でアルバムの開幕を告げる、共作者は「Trash」でおなじみのデズモンド・チャイルドだ。②CaffeineではBUCKCHERRYキース・ネルソンが共作者となっているが、BUCKCHERRYの毒々しさがありつつも歌メロはアリスがファニーに唄ってて面白い。③The nightmare returnsはあの傑作の主人公スティーヴンが歌ってるみたいで、断片の小曲。④A runaway trainでは、70年代初期のアリスバンドで一緒だったベーシスト、デニス・ダナウェイとの共作で、ギターオリエンテッドなロックンロール、プレイでは、デニスと同様にマイケル・ブルース(G)ニール・スミス(Drs)も引っ張り出されている。⑤Last on my earthはついつい笑っちゃう曲でマーチングバンドですか、これは?⑥The congregationは唯一最近のアリスっぽい曲で、掛け声の多いライブで映えそうな曲だ。⑦I'll bite your face offニール・スミスとの共作で、なんかJoe Perryのソロっぽいロックンロールでジョー・ペリーに歌わせたらきっとハマるよ。⑧Disco bloodbath boogie fever、もうここまできたら大爆笑間違いなし、ディスコ曲だぜ、この曲じゃ踊れないでしょ、ライブでやんないでよね、この曲は何かの皮肉なのかな。⑨Ghouls gone wild、今度はなんだ?ボーイズバンドか?⑩Somthing to remember me byでは、傑作でアリスバンドにいたギタリスト、ディック・ワグナーとの共作でソフトバラード。⑪When hell comes homeは重いグルーヴが際立つ曲で、マイケル・ブルースとの共作。⑫What baby wantsはあのKesha(って言ってもおっさんは知らない)とのデュエットソングでテクノポップっていうのかな、それっぽい、こうやって渡り合えるところがアリスの真骨頂ではないか、好き嫌いは別として。⑬I gotta get out hereはカントリー調で、ドライなアメリカ大陸を思い浮かべる。⑭The underture、あ、そうだ、続編だったんだって思い出させてくれる曲で、過去の断片と今回の断片を織り交ぜて走馬灯のように振り返る。

ごった煮すぎて、焦点がはっきりしないので評価は低いが、けっこう気に入ってたりします。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

アリス 名作多いですよね * by グラハムボネ太郎
アリスっていいアルバム多いですよね。私は駄作と言われてる『DADA』を聴きながら眠るのが好きです。結局よいプロデューサーときっちり組んでますからね。ロイ トーマス ベイカーだったりボブ エズリンだったり。さすがっす。

ありがとうございます * by フライヤーズポンタ
「Dada」をお持ちとはツウですね。
おっさんも聴いてみようかな。
アリス、最高ーーーーーー!!

へ??11th?? * by モーリス・クルリンパ
このアルバムは ALICE COOPERとしては通算26枚目のオリジナルアルバムですし
ソロから数えても16枚目ですよー!!!

何で11thになったのかなぁ????

メタル最高 * by フライヤーズポンタ
ご指摘ありがとうございます。
たぶん、「From the Inside」の調べものをしてたときに書き込んでいた記事だったのかな?
直しときます。

コメント







管理者にだけ表示を許可する