個別記事の管理2017-06-17 (Sat)
220px-No_Heavy_Petting_album.jpg ★★★★ 07リマスターJP盤

英国HRバンドの5thアルバム。

このアルバムでキーボードをプレイしているのは、元HEAVY METAL KIDSのダニー・ペイロネル(Key)
積極的に作曲にも関わってたみたいで、単なるサポートメンバーという扱いではなかったみたいだ。

ただし、マイケル・シェンカー(G) は、ダニーのプレイが嫌いだったみたいで、ダニーは次作からはドロップアウトされている。

ライナーノーツを読む限り、今作から本格的なアメリカ進出を企てたらしいが、音を聴く限り、いわゆるポップになったとか、そういったことは聴こえないように思うし、おっさんなんて、UFO黄金期の中では「Phenomenon」の次に好きなアルバムだ。

なんでも、ダニーの起用はアメリカ向けにロックンロール系を重視した目論見からだったそうで、そのことがマイケルを怒らせちゃったようだ。

マイケル自身がこのアルバムそのものが嫌いかって言ったら、そうでもなく、ダニーが作曲に関わった曲がダメなようで、さすがにアルバムをプロモートするツアーではライブでプレイしていたみたいだが、ダニーが去ると取り上げなかったみたいだ。
逆に、マイケルがいなくなったらライブでやったかというとそうでもなく、フィル・モグ(Vo)ピート・ウェイ(B) も実は好きな方ではなかったんじゃなかろうか?って勝手に想像しております。

さらに言えば、ダニーが2011年に元UFOファミリー周辺の人たち(ローレンス・アーチャークライヴ・エドワーズロッキー・ニュートン)と組んだバンドX-UFOのちにHOUSE OF Xでそれらの曲をライブでプレイしているのは言うまでもない。

面白いよね。

今作がマイケル云々の話を抜きにしても、後世に伝えるべく佳曲が多くあることは事実だと思います。

コッテコテのHMソング①Natural thingで快活良くスタート。アコギのリズムにピアノが跳ねながらやかましく絡む②I'm a loser、曲中のダイナミズムに惚れ惚れ。そして、ダニーがクレジットに名を連ねる③Can you roll her、イントロはキーボードの連打でバンドアンサンブルもけっこうHMしてる、ポップなんて言葉が当てはまらない重厚な曲だけどね、マイケルなんかクレジットに名前がないくせにかなり弾きまくってるじゃん。④Belladonnaは名バラードですよね。ギターオリエンテッドな⑤Reasons loveで弾きまくるマイケルは鬼神だね。ダニー単独作曲の⑥Highway ladyは確かに明るいロックンロール調だが、ベースのフックが凄くて軸はHMだよ。スローテンポで低音を歪ませる⑦On with the actionのヘヴィー感も堪んないよ。⑧A fool in love⑫Have you seen me lately Joanフランキー・ミラーの曲。ディープソング⑨Martian landscapeでアルバムを終えるところなんか、「Phenomenon」の美学と一緒じゃん、ここまで一気に聴きとおせますよ。
⑩All or nothingはSMALL FACESのカヴァー。アウトテイクの⑪French kisses⑬Do it if you can⑭All the stringsはアメリカ向けと言われても仕方のないソフトロックで、本編に入れなくて良かったねっていうレベルかな。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
この時期のマイケルさんは良い感じですよね~、実はUFOに関してはフィル・モグさんの声が大好きで全部の時代気に入ってます、マイケルさんのいない時代は異様に評価低いですけどね。

この辺から85年のMISDEMEANORまでの歌唱は特に絶品でした、今のフィルさんも悪くないですがちょっとパワーが落ちてるような気がします。

猿! * by グラハムボネ太郎
ロックンロールピアノが入ろうが、本質は変わらない。
私も大好きなアルバム。
いつも夜に聴いてます

* by フライヤーズポンタ
マイケル云々抜かせば、フィルにしろ、ピートにしろ、個性が際立つメンバーの宝庫ですよね。

自分はマイケル云々でしか語れないんで、いつもながら感性の狭さに自省の念に駆られたりして...。

たしか、ボネ太郎さんはいつの時代のUFOも応援してるはずでしたよね。

皆さん、さすがです!!

個別記事の管理2017-06-03 (Sat)
Yes-close.jpg ★★ 94リマスターGER盤

英国プログレッシヴロックバンドの5thアルバム。

YESの最高傑作としてどこでも名前が出てくるこのアルバム。
正直、何も思い浮かばない。
だから、おっさんのお気に入り度もごく普通の2スターズ。前作「Fragile」の方が断然好きだ。
くどいようだが、ダメというわけではない。あくまでも、お気に入り度合が自分の中では低いというだけの話だ。

なぜなのか自分なりに解釈してみるんだが、超絶テク集団のプログレバンドの真骨頂だっていうのはよくわかる。

大作指向ゆえに、冗長か?って言ったらそんなこともなく、手を変え品を変え様々な表情が交錯する一大音楽絵巻となっている。

小鳥たちのさえずりからバンドアンサンブルに入る①Close to the edge では、すべての楽器がちゃんと調弦・調律されてないんじゃね?的なよくわからん音色とクネクネのリズムで頭が混乱するんだけど、なぜか不快に聴こえないこの凄味。わかります?複雑怪奇な演奏とは裏腹に少年のような歌声で囁くように唄うジョン・アンダーソン(Vo)の声質も絶妙なブレンドとなっていい味出してんだろうな。これって、実際に聴いてみないとわかりませんわな。1曲目なのに大団円で終わって昇天しきってしまうこの快感。これで終わんないんだから絶倫野郎も敵わない。
スペーシーなんだか、フォーキーなんだか焦点をはっきりさせてくれない謎解きゲームのような②And you and I でホロ酔わせてからリズミカルな③Siberian Khatru のシャッフルがスタート、アルバム中で最も短い9分弱の曲なんだけど、ベースメントがどんな曲だったか忘れるくらいに場面展開が激しく変わって聞き手に休む余地を与えてくれないほどの強力な曲だ。

いやぁー、こりゃロック史に残る傑作だわ。

① Close to the Edge
   I. The Solid Time of Change
   II. Total Mass Retain
   III. I Get Up, I Get Down
   IV. Seasons of Man
② And You and I
   I. Cord of Life
   II. Eclipse
   III. The Preacher, the Teacher
   IV. The Apocalypse
③ Siberian Khatru
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
プログレに関してはポップな方が好みなんでイエスのコレは結構後に購入しました、最初買ったのは90125やビッグ・ジェネレーターで、それから遡るような感じでこのアルバムに辿り着きました。

私も正直に言うと「こわれもの」の方が好きですね、これは言われてるように全然悪くないんですが何か最後まで集中力が続かなくて途中で中断したり?。

* by フライヤーズポンタ
やっぱり某音さんは、逆に進みますね。(笑)

自分は王道しか触手が伸びないんで、某音さんの入り口はさっぱりわかりません。

相変わらず自分はイケてません。

個別記事の管理2017-05-27 (Sat)
220px-Undertheinfluence.jpg ★★ JP盤

米国産スラッシュバンドの3rdアルバム。

バンドが世界で認められることを示した会心作と言ってもいいだろう。
前作「Taking Over」よりも曲のパワーが増してグッとくる場面が多くなった。

今作からドラマーは、元IRON MAIDENポール・ディアノのバンドにいたこともあるデンマーク出身のシド・ファルク(Drs) となっている。

音質も各段に良くなった。
プロデューサーは前作と変わらないが、マイケル・ワグナーがミキシングに名を連ねている。そのことだけが音質を良くしたとは限らないんだろうが、特に目立つのはギタープレイの向上だ。
向上っていうより、輪郭がはっきりしたお陰で、サウンド全体の表情とアグレッシヴさが増し、音そのものに立体感が生まれ、ダイナミックな音像となったことが総じてアルバムのクオリティを上げることにつながっているんだと思います。

そして、それは2010年発表の「Ironbound」以降のOVERKILLの充実した作品群にそっくりな充実度なんだな。
ということは、この記事を書いている現在でも現役をひた走る彼らは、この頃の己の信念、スピリッツを未だに忘れてないということが未来の作品から垣間見られるのである。凄いことではないか!!

もし、2010年以降に彼らのファンになって、過去作を後追いしたいな、って思ってる人がいたら、イの一番にこのアルバムから入ってほしい。聴けば、その意味がわかると思います。

イントロからして気合充分のガッツで各楽器を叩きまくる①Shred、歌メロに入ると淡々とリズムが刻まれるんだが、ギターソロから表情が一変、凶暴極まりないカオスメタルだ。②Never say never⑧Head first は、ゴリゴリのベースプレイがメインのハードコアパンク風ですな、そうは言ってもギターだってソロでは変態ぶりを見せつけてくれるところがメタルだねぇ。③Hello from the gutterは疾走感がたまらないOVERKILLの代名詞的ソング。後半戦⑥Drunken wisdom以降の4曲はすべて6分強の比較的長い曲が占めている。⑦End of the lineで聴けるベースプレイは、スティーヴ・ハリス顔負けの唄うベースと言ってもいいだろう、曲構成もIRON MAIDENに似るところがあります。⑨Overkill Ⅲのドラマチックさはおしっこチビリもんでっせ。

祝!LOUD PARK 17参戦!!
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (3) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
オーバーキルは大好きなんですよ!(力説)、メタリカやスレイヤーより好きかもしれません。

このアルバムはアナログとCD複数枚持ってるくらい好きで、何度聴いても飽きない味があります。

このバンドの凄い所はおっしゃるとおり、今でも初期から持ってるテンションが下がらないんですよね~、いつ衰えるのか興味深く観察してるんですが(笑)、新作ではまだまだ高カロリーでした。

* by フライヤーズポンタ
自分は次作から入ったクチなもんで、えらそうなことは言えないんですが、今聴いても凄いですよね。

知らないっていうのは実にもったいないなと...。

* by K.A.E.
すいません、オーヴァーキルをよく知らない人です(爆)。

何でだろ?BURRN!ではよくインタビューとかレビュー見てたくせに、アルバム買うまでには至らなかったんですよね。テスタメントとかエクソダスとかはちゃんとチェックしたのに...
今YOU TUBEでちょこっと聴いてますけど、当時のスラッシュ勢でもパンキッシュな雰囲気持ってる印象を受けました。「IRONBOUND」は某音サンのサイトで当時絶賛されてましたね。

今は過去作のBOXセットもあるみたいですけど、これは早速この歳でデビューしろって意味ですか?(苦笑)

個別記事の管理2017-05-19 (Fri)
220px-United_Abominations.jpg ★★ JP盤

米国産インテレクチュアル・スラッシュバンドの11thアルバム。

自分の中では「Youthanasia」以降、興味のないバンドとなって久しかった。
だから、マーティ・フリードマンとバンドの確執なんてどうでもよかったし、バンドに誰が迎え入れられようが、新作に触手を伸ばすことはないように思われた。

「The System Has Failed」より風向きが変わってきたかに思われたが、この時のバンドはデイヴ・ムステイン(Vo/G) のワンマンバンドであって、セッションミュージシャンと共に作り上げたアルバムであった。
ムステイン自身、これを最後にMEGADETHという看板を降ろそうと本気で考えていたらしい。

そして、バンド活動として再出発するべく本腰を入れたのが今作であって、前評判も上々の中、満を持して発表されたのがこのアルバムってわけだ。そして、離れていたおっさんも再びムステイン大佐に対峙する機会が訪れたということだ。

バンドメンバーは、元KING DIAMONDグレン・ドローヴァー(G) とその兄ショーン・ドローヴァー(Drs) のカナダ人兄弟と元WHITE LIONで元BLACK LABEL SOCIETYとしてザック・ワイルドとも交流のあるジェイムス・ロメンゾ(B) という布陣。

ミックスには、21世紀メタルのバンドたちにエンジニアとして引っ張りだこのアンディ・スニープが抜擢された。

出来上がったアルバムは、誰もが抱くMEGADETH像を見事に捉えた期待に違わぬアルバムとなっているはずです。

美しいアルペジオのメロディからキタキタキターーー!!スラッシュ然りとしたギターリズム、「お帰りなさい、バンドとしてのMEGADETH」と言いたくなる①Sleepwalkerで幸先よくスタートです。②Washington is next! は、今作のリーダートラックとも言うべきもので、ギターの高音単音の使い方がIRON MAIDENエイドリアン・スミスに似る。④United abominationsで使われるラジオだか無線交信のようなSEはいつも通りでニヤリとしちゃうよね。⑧A tout le monde は「Youthanasia」収録のリメイク、イタリアのバンドLACUNA COILの女性ヴォーカルがゲスト参加してます。複雑なリフ展開の⑨Amerikhastan はインテレクチュアルスラッシュを標榜するに相応しい曲でしょう。⑩You're dead⑪Burnt iceでのギター使いも実にスリリング。⑫Out on the tilesは邦盤ボーナスで、言わずと知れたLED ZEPPELINのカヴァー。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

これは良かったです! * by グラハムボネ太郎
基本的にはメガデスというか、ムステインさんの声が苦手なんで、それ程聴いてないバンドですが、これは傑作でしたね。とにかくかっこいいのひと言で、しばらくこのアルバムばかり聴いていた時期がありました

* by フライヤーズポンタ
仰る通り、カッコいいですよね。

ムステインが苦手でしたか。

この手の音楽は個性が求められてると思ってます。
Voが下手でも曲に破壊力があれば、それでOK的な。

* by K.A.E.
私、実はこのアルバム聴いてないんですよ(苦笑)。メガデスはちょこちょこアルバム抜けてて「RISK」までは買ってたんですけど、あのアルバムで暫く見切り付けちゃったんですよね。

「ENDGAME」は買いましたけど、最新作もかなり良い評判じゃないですか!とりあえずはそこから攻めてみますかね!


* by フライヤーズポンタ
DYSTOPIAはマストバイです。

ただ、パンキッシュな曲が苦手な人はダメな曲もあると思います。

個別記事の管理2017-05-13 (Sat)
Queen_Sheer_Heart_Attack.png ★★ 93リマスターUK盤

英国HRバンドの3rdアルバム。

前作「Queen Ⅱ」で美しきロックという形を徹底的に提示した後のアルバムは、音作りにおける緻密さはそのままにわかりやすさが増したという感じだろうか?

自分もそうなんですが、きっと親しみやすさが増したはずです。だから、前作よりは好き。

遊園地での喧騒のようなSEに割って入ってくる摩訶不思議なリフをもって疾走曲①Brighton rockがスタート、フレディ・マーキュリー(Vo) の唄い出しもコミカルで音程を変えつつ歌い上げていく、幾重にも重ねたギター音に色んな表情を持たせ、ヴォーカルハーモニーも多声音楽を聴いてるかのようだ、ブライアン・メイ(G) のギターソロがアグレッシヴさを演出してQUEEN流HRソングのアンセムとなっている。②Killer queenは聴けばヒット狙いのポップソングなんだが、かなり複雑で高度な録音技術が駆使されているはずなのにもかかわらず、聴くものに難解さや近寄りがたさを感じさせることなく耳に馴染む朗らかなポップソングとして成立しているのが凄い。ロジャー・テイラー(Drs)がヴォーカルをとる③Tenement funsterから④Flick of the wrist⑤Lily of the valleyはメドレー。⑥Now I'm here は王道のHR。⑦In the lap of the godsはこりゃもう、ミュージカルの域ですな。⑧Stone cold crazyはメタラーが大好きなファストソング。小曲⑨Dear friendsはゴスペルだね。⑩Misfireジョン・ディーコン(B)作曲なんだけど、何て形容していいかわかりません、アルバムの雰囲気から逸脱するようで、おっさん的にはこういうのいらないんだよね。そんなこと言ったらフレディ作曲のコミカルソング⑪Bring back that Leroy Brownの方がいらないだろって言われるかもしれないが、おっさん的にはこっちの方が好き。幻想的な⑫She makes meでリードヴォーカルをとるのはブライアンだそうだが、てっきりフレディかと思いました。そして、⑬In the lap of the gods... revisitedで最後に幕を閉じる、最高です。

ごめんなさい、やっぱり見識が無さ過ぎてQUEENは語れません。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by K.A.E.
私もこのアルバム大好きですよ。世間では前作の方が圧倒的に人気が高いですけど、私はポンタさん同様バラエティに富んでるこっちの方が評価高いです。

やっぱ「KILLER QUEEN」の存在で一皮剥けた印象を受けましたね。HR好きにはこんなポップな曲認めん!って当時は拒否られたらしいですが、後のクイーンの雑食性を垣間見る事が出来るし、何よりそれを堂々とプレイしてバンドがモノにしてるじゃないですか!恐れ知らずもいいトコだし(笑)。

HRあり、ポップソングあり、最後に壮大なバラードで締める構成はホントに見事だと思います。次作では更に凄い事になりましたし、クイーンの凄さを実感出来るアルバムだと思います。

激しく同意 * by グラハムボネ太郎
ってわけじゃないんだけど。このアルバムも大好き! (クィーンIIの方が好き)
IIに比べて、バラエティに富んだ遊園地みたいなアルバム。さすがにクィーンという感じです。
問題なのは、この頃のクィーンのアルバム凄すぎて、BGMにはならず、アルバムを一身に聴く。しかも絶対に通して聴く。。。だから、時間が必要なこと(笑)
それにしても、K.A.E.さんもポンタさんも私も同時期にクィーンの記事って!