個別記事の管理2017-09-09 (Sat)
220px-Dream_Theater_-_Octavarium.jpg ★★★ JP盤

米国産プログレメタルバンドの8thアルバム。

こんなことやれんのはプログレバンドだけだよね。きっと、本人たちも自覚してるからこそ、徹底したコダワリを聴き手に送り付けてくるんだよね。

今作は8作目ということで、アルバムタイトルでも暗示されているように、数字の「8」とその黄金比とされる数字「5」に徹底的に拘ったそうです。
まあ、こういうコダワリは今作が最初というわけではなく、過去作にもあったわけだが...。

収録曲数が「8」っていうのは単純だが、言われなきゃわからんコダワリがそこかしこに埋め込まれているらしい。

あー、聞かなきゃ良かったよ。いろいろ詮索しようとしちゃうじゃん。
でも、音楽理論やら都市伝説の類を知らないおっさんのような凡人には絶対不可解なものなので、考えるのをやめましょう。

色んなもんを取っ払って、音だけ聴いていると、今作はすんげえ心地いいですよ。

ジェイムズ・ラブリエ(Vo) の歌唱も出番が多い作品で、何より全体が美しいメロディで支配されています。
だから、前作「Train of Thought」でのHeavyさを心底好きなメタラーには評判が薄い作品になったみたいだが、ちゃんとメタルっぽいところも存在しているので、それでもDTの作曲センスには脱帽してますっていう批評が多くを占めている。

前作の延長なのかなって思わせる音作りの①The root of evil は、マイク・ポートノイ(Drs) 主導によるTwelve-step Suiteの組曲のひとつで、前作曲“This dying soul”の続き。ピアノがポロンポロンって物哀しく奏でられる②The answer lies within はバラードって言っていいのかな?遂に来ました、DTメタル部とも言えそうなギター音で切り込んでくる③These walls、歌メロに入るとそんなにメタルメタルしてないんで、鋼質な音作りと聴きやすいメロディが同居してるから凄いね。④I walk beside youなんか、アメリカン歌謡を聴いているようで、アメリカのラジオ局には受けたんじゃなかろうか?日本でもFM局から聞こえてきそうな曲だね、え!?今のDTだったの?ってなっちゃうかもね、なんとも爽やかな曲です。キタキタキター、鬼のベースラインから怒涛のリズムと歪んだギター音、これこれこれ、これを待ってました、⑤Panic attack におけるインタープレイの緊張感に脱帽するしかないでしょ。前曲の雰囲気を引き継ぐ⑥Never enoughはスピード感で勝負するが、サビはやっぱり爽やかだね。⑦Sacrificed sonsはオーケストレーションが入る大味なプログレ曲。で、ここで終わらず、24分もある組曲⑧Octavariumで最後を締めくくります、ここまでくると、変態以外の何物でもないでしょ、70年代の先人たちを最大限にリスペクトしたプログレソングとなってます、プログレオタクぶりが全開すぎて、それこそ、爽快感を全身で受け止めることが出来て、心打たれること間違いなし。

メタル好きでよかったぁーーーーー!!
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-08-27 (Sun)
220px-Dream_Theater_-_Train_of_Thought.jpg ★★★ GER盤

米国産プログレメタルバンドの7thアルバム。

生粋のメタラーたちがこぞって最高傑作と絶賛するアルバム。

DTに何を求めるのかと、各自の嗜好に沿ってその評価が分かれると思うんだが、今作はとにかくヘヴィ & ダーク。
だからこそ、コアなHMファンたちが大好きなアルバムなんでしょうか?

自分の過去を振り返ると、21世紀に入って、HMのサブジャンルがどんどん細分化されていく中で、おっさんは完全についていけなくなった。昭和人間万歳!!
IRON MAIDENブルース・ディッキンソンが戻り、HM業界が(特にヨーロッパで)再浮上していくという喜ばしい状況になっても、結局古いメタルにしか琴線を動かされない感性の乏しいおっさんは完全に取り残されるわけだな。

自分の私生活においても、今作が発表された2003年には長子が誕生し、生活の中心が家族になってくると、この時点でメタルから卒業しても良かったんだろうに。
しかし、アメリカでのメタルアイコンであるはずのNu Metal などをあまり取り上げることのないBURRN!のおかげ(嫌味じゃないよ)でメタル嗜好をやめずに済んでいます。
ただ、いつの時点でBURRN!の購読をやめたかは記憶にないが、やっぱりメタルコアやメロデスなんかの新人を取り上げなければならない責務のあるBURRN!も自分が読む記事がどんどん少なくなっていき、今に至る。

だから、リアルタイムで今作を聴いていないし、この頃のDTはまったく眼中にありませんでした。

後追いで今作に接してみるに、DTってけっこう流行っていうか、時流に乗るバンドなんではないか?って思ったりする。
それは、マイク・ポートノイ(Drs) が顕著にそういう傾向があるのかもしれませんが...。

Heavy Metal の音がヘヴィなのは、ジャンル名より当たり前なのかもしれませんが、時代というか、メタル野郎たちはもっとヘヴィに、もっとハードコアに、ってな具合にシーンを染めていく傾向にあったかもしれません。
そのことは、きっとDTも無視できなかったはずなんでは?

1曲目①As I am のイントロからすんげえ歪ませたノイズの洪水みたいな雰囲気で始まって、もうすべてがすんげぇ重いのよ、だってHeavy Metal やってんだもん。これまたノイズを何度もカマセテくる②This dying soul は、マイク・ポートノイ(Drs)主導による6th「Six Degrees of Inner Turbulence」“The Glass Prison”から続く組曲だそうで、歌詞とメロディを共有してるそうです、こんなこと言われなきゃわかりっこないよね、コアなファンじゃないとついていけないバンドっていうコンセプトなのかもなぁ、そういうことを抜きにして、ここでのインタープレイはぶったまげまっせ。突如、③Endless sacrificeで急にムーディーに始まるんだけど、パワーコードでリズムを刻むギターはHeavy Metalそのものだし、中盤からまたまた驚異のインストバトルに突入しちゃって、もう、失禁しまくりです、この演奏力には呆気にとられるしかないでしょ。④Honor thy fatherは、ポリリズムってやつなのかなぁ?すんげぇ複雑なリズムで、ギター、ベース、キーボードすべてが真っすぐに攻めてきます、ここまでくるともう凄いというか、恐いね。⑤Vacantでは、チェロ演奏が入って物哀しい雰囲気に、ピアノもまた肌寒さを誘うんだよねぇ。メロディをそのまま引き継いで始まる⑥Stream of consciousnessは11分もあるインストソング、冗長じゃなく、歌メロがなくても説得力のあるドラマが見出せます。最後、⑦In the name of godも重いぞぉー、邪悪だぞぉー、ジェイムズ・ラブリエ(Vo) の見事な歌唱も忘れないでね~。
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (4) * Trackback : (0) |

* by K.A.E.
なるほど、ポンタさんの話は確かに一理ありますね。このバンドってその時期の美味しい部分を取り入れて上手い具合にそれを打ち出して進化と結び付けるイメージがありますよね。

このアルバムも最初聴いた時は意外とメタルしてるなあ~と意表を突かれた印象を受けました。でも、私がこのバンドに求めるのはこういう路線ではないんでそんなにハマらなかったですね。カッコイイのは理解出来るんですが...
今のバンドは「ポートノイがいないとダメ」的なレッテルを貼られてますけど、私的にはヘヴィな音像よりも今の路線の方が好きですね。ポートノイが解雇される前の数枚はCD買ってもホントに聴かなくなっちゃって、2枚くらいCD買わなかったのもあるくらいです。

私もBURRN!を買わなくなって10年以上経ちますけど、買わなくなった理由は好みの音をプレイしてるミュージシャンが減った事とメタルの細分化に雑誌が付いていけてないと思ったからですね。その影響で評価もめちゃくちゃになった印象がありますし。
私の好みがヘヴィメタル的なモノからハードロック的なモノに変わってきたお陰もあるんで、はっきりと「メタル好きです」と言えなくなりましたね(笑)。

感性が付いていけなくなるのは私自身の問題ではあるけど、大好きで聴く音楽くらいは自分の感性で聴くモノなんで妥協はしたくないですね。古臭い?でも好きなんだからしょうがないじゃん!!ってな具合で(笑)。

* by 管理人
そうそう、カッコいいってのはすっごく理解できるのよね。ウンウン。

そうそう、メタルって今の時代、何を指すのかイマイチわかりづらくなりましたよね。自分もメタルをブログタイトルに持ってきてるのがちょっと後ろめたい気がするんDeath!

だけども、青春の高校生時代からメタル好きだった自分を恥じる訳でもないし、自分の感性に響くものがメタルだと勝手に思ってたりして。

こういうおっさんがいるからBURRN!も懐古趣味的なところから離れられない。だけども、編集者の中にはきっとジレンマを抱いて取り組んでいる人もいるんじゃなかろうか?真のメタルはこんなもんじゃないとか...。

自分は雑誌にお金をかけることはしないけどBURRN!がんばれ!!って言ったら、怒られるだろうなぁ。買わないけど、ちゃんと毎月眺め読みはしてます、って言ったらもっと怒られそう。

人間は都合のいいようにカテゴライズしたがるからいけないんだろうな。昔みたいにBURRN!に掲載されるものとその周辺のバンドがメタルだよ、って言えば簡単じゃない?でも、いち読者が好きなメタルを叩いちゃう時もあるしなぁ。えーい、活字と頭で考えるのはやめよう。

ビバ!Heavy Metal! Hail to BURRN!

* by 某音楽馬鹿
DTのこのアルバムは不穏な感じのジャケットからグランジっぽい感じになるんじゃないか?っていう噂があったと思います。
実際に発表になるとへヴィだけどいつものDTだったんで一安心でした、このアルバムは好きですよ。

私は1995年前後にメタル卒業寸前まで行きました、メタルCDを200枚くらい処分してジャズばかり聴いてたという・・・(笑)。
何でメタルに戻ってきたかっていうのはそのうちブログか本サイトの方で触れるかも。

* by 管理人
おーっ!!
200枚以上も処分してからの再入門ですか。
ってことは、数百枚単位で買い戻したってことですか?

すんげぇ気になるんで、自叙伝楽しみにしてます。

個別記事の管理2017-08-16 (Wed)
Thornography_cover.jpg ★★ JP盤

英国産エクストリームメタルバンドの7thアルバム。

今作ではセカンドギタリストに変更があり、前作「Nymphetamine」の時と同様、無名の新人チャールズ・ヘドガー(G) が採用されている。
で、これまた前作同様、チャールズは、今作限りでバンドを去っています。まあ、アルバムを聴いたところで、誰が何を弾いているかなんてわからん音楽ド素人のおっさんとしては、どうでもいい話ですけどね。

前作は自身のルーツを掘り起こすかのようなメタル賛歌を思わせる作風だったが、今作もその延長線にあると思っていいんでしょう。

大きな変化はないが、ダニ・フィルス(Vo)が言うように、リズミックでキャッチ―な楽曲が揃っている。
リズムはどことなくダンサブルでもあり、タテノリのエクストリームメタルが聴けるのが面白い。

① Under Pregnant Skies She Comes Alive Like Miss Leviathan
② Dirge Inferno
③ Tonight in Flames
④ Libertina Grimm
⑤ The Byronic Man
⑥ I Am the Thorn
⑦ Cemetery and Sundown
⑧ Lovesick for Mina
⑨ The Foetus of a New Day Kicking
⑩ Rise of the Pentagram
⑪ Under Huntress Moon
⑫ Temptation
⑬ Halloween II


⑩はナレーションに続いて始まる7分もあるIRON MAIDEN風のインストソングとなっています。ダニのダミ声咆哮がなくともCoFの世界観が垣間見えるなんてス・テ・キ💛


祝LOUD PARK 17出演!!
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
私もこのバンドは誰が何弾いてるのか分かんないです(笑)。

ダニさんの趣味が強いバンドなんで、もうワンマン・バンドと思ってもいいかもしれませんね、逆に言うとこれだけメンバー違ってもクレイドルっぽい要素が残るんでダニさんの才能は凄いなぁ~って思います。

そういえばラウドパークの演奏順番って昼でしたっけ?(調べてないんでよく分かりません)、このバンドは昼より夜が絶対似合うと思います。

* by 管理人
ラウパのスケジュールはまだ発表されてないはずです。

まあ、屋内でやってるんでその辺はね。

新作が待ち遠しくて仕方ないっす。某音さんの感想を読んでから購入するんで、ゲットしたら、すぐに貴ブログでアップしてくださいね。

個別記事の管理2017-08-05 (Sat)
Nymphetamine_cover.jpg ★★ JP盤

英国産エストリームメタルバンドの6thアルバム。

前作「Damnation and a Day」から大きくメンバーチェンジはないが、新たに無名のジェイムス・マッキロイ(G) がオーディションの末、新メンバーとして迎えられた。
ちなみに、彼は、今作だけで一度バンドを離れるが、数年後に出戻りすることとなります。まあ、メインのギタリストはポール・アレンダー(G) なわけで、どうでもいい話ですけどね。

前作では、オーケストラと混声合唱団との共演を果たし、シンフォニックなエクストリーム世界をコンセプトアルバムとしてとことんやり遂げたわけだが、おっさんにとっては冗長過ぎた。

今作はタイトルに沿ったストーリー性はないそうである。

ただ、①Satyriasisが始まるや、思わせぶりなイントロにナレーションが入るというストーリーアルバムのような入り方をするあたり、ドラマチックなアルバムが聴けることを予感させてくれる。

ライナーノーツをパクると、

『今作はCoFにしてはダイレクトでストレートなHeavyMetal 作品に仕上がっており、過去数作の延長線上にあるものを予想していた人たちには驚きをもたらすはずだ。』 とある。

確かにHeavyMetal ソングが居並ぶが、曲単位でみると、曲構成に起伏があり、実に表情豊かな楽曲が並ぶ。

以下に、ダニ・フィルス(Vo) が曲の印象を語っているので、それらを参考にアルバムの表情を想像してみましょう。

① Satyriasis
② Gilded Cunt
  SEPULTURAとTERRORIZERからインスパイア。
③ Nemesis  AT THE GATES meets JUDAS PRIEST meets MORBID ANGEL.
④ Gabrielle  SLAYER風
⑤ Absinthe with Faust  「Master-」時代のMETALLICAっぽい。
⑥ Nymphetamine (Overdose)
⑦ Painting Flowers White Never Suited My Palette
⑧ Medusa and Hemlock
  3rdの曲がDESTRUCTIONとDEATHに出会ったような曲。
⑨ Coffin Fodder  初期IRON MAIDENを思わせる。
⑩ English Fire  MANOWAR meets CATHEDRAL
⑪ Filthy Little Secret  MERCYFUL FATE meets MOTORHEAD.
⑫ Swansong for a Raven
⑬ Mother of Abominations
  EMPERORにインスパイア。
⑭ Nymphetamine (Fix)
⑮ Bestial Lust (Bitch)



祝LOUD PARK 17出演!!
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
クレイドルの曲って聴けば聴くほどアイアン・メイデンに影響されてるな~って思う瞬間が多くて、ブラックメタルの皮をかぶった正統派メタルだと思います(Voは除く)、メンバーさんが交代してもこの雰囲気は変わんないんでダニさんの趣味なのかも?。

この時のギターはポール・アレンダーさんでしたか、もうこのバンドのメンバーさんは誰が居て誰が居なくなってるのか分かんなくなってますが(笑)、ちなみにポールさんは一度90年代半ばにに脱退してアナシマのVoだった人とブラッド・ディヴァインって言うゴシックメタルのバンド結成されてます、このバンドは凄く好きでした。
https://www.youtube.com/watch?v=iOs76Y1iPDU

* by 管理人
ポール・アレンダーがゴシックメタルですか。

やっぱ女性ヴォーカルだったりします?

ご紹介ありがとうございます。さっそく聴いてみます。

個別記事の管理2017-07-23 (Sun)
220px-Love_gun_cover.jpg ★★ 97リマスターUS盤

アメリカンHRバンドの6thアルバム。

前作「Rock and Roll Over」同様にエディ・クレイマーをプロデューサーに迎え、ストレートなロックンロールパーティーを叩き付けるアルバム。

全国のキッスアーミーを敵に回すかもしれないが、おっさんは「Alive Ⅱ」は手放した。だって、「Alive!」さえ持ってりゃいい気がしたもんだから...。

だからなのか自分でもよくわからんが、「Destroyer」以降のKISSって、どうもワクワクしない。

最高傑作としてよく知られる前作「Rock and Roll Over」より「Dressed to Kill」の方が断然好きだ。
たぶん、リアルタイムで今作などを聴いてなかったからなんでしょうね、きっと中学生くらいでこれを聴きゃ、チビリもんだったんでしょうに。

リアルタイムでKISS全盛期に接していた先輩方が羨ましいのである。その分、自分は損してると思ってます。

何がそんなに琴線に触れないかっていうと、変化の無さなんだろうな、きっと。
キッスアーミーとしては、安心して聴ける今作なんか諸手を挙げて喜ぶんでしょうけど、70年代英国ありきの自分としてはそれがむしろ脳天気すぎて飽きちゃうのかもしれん。
これはもう、個々の感性に委ねられるもんなんでしょうがないな。

アルバムとしての完成度で言えば、前作同等だと思います。
つべこべ言わずに、黙って聴け!!っていうアルバムですよ。

① I Stole Your Love  リードヴォーカル:ポール・スタンレイ(Vo/G)
② Christine Sixteen  ジーン・シモンズ(Vo/B)
③ Got Love for Sale  ジーン
④ Shock Me  エース・フレイリー(G)
⑤ Tomorrow and Tonight  ポール
⑥ Love Gun  ポール
⑦ Hooligan  ピーター・クリス(Drs)
⑧ Almost Human  ジーン
⑨ Plaster Caster  ジーン
⑩ Then She Kissed Me  ポール
Theme : HR/HM * Genre : 音楽 * Category : レビュー全記事
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by 某音楽馬鹿
80年代のノーメイク時代が初めて聴いたキッスで、70年代の作品を最初に聴いたのが何故かデストロイヤーじゃなくてこのアルバムでした、理由は中古屋さんにこれが残ってたから(笑)。

80年代のキラキラした音が大正義だと思ってた頃だったんで最初に聴いた感想は「古っ」っていう感じでしたが70年代的な音に慣れると好きなアルバムになりました。

アライヴ2は手放されましたか~、あれも結構良いですよ~。

* by 管理人
「AliveⅡ」はやっぱスタジオ新作が入ってるのがどうも気に入らなくて。
ライブだけで一枚組だったら、ぜんぜん良いんですが...。

スタジオ作を聴かない選択肢もあるんですけどね。

要するにKISSにファン心を抱けてないという事ですわ。